ここから本文です。

式見地域センター(地域の掲示板)

更新日:2021年1月5日 ページID:029900

式見地域センター(地域の掲示板)

講座・イベント情報

式見公園にイルミネーションが点灯されました。(令和2年12月13日)

令和2年12月13日(日曜日)、式見公園で式見地区コミュニティ連絡協議会主催のイルミネーションの点灯式が行われました。前回行われた地域の子供たちを集めたクリスマス会は中止となりましたが、式見公園の木々やフェンスなどには昨年にも増しての色とりどりのイルミネーションが施され、暖かな光が灯されました。お近くを通りの際に、ぜひご覧ください。(※点灯時間:午後5時~午後10時。令和3年1月6日(水曜日)まで。)

202012130120201213022020121303

式見いきいきタイムが開催されました。(令和2年10月9日)

新型コロナ感染症による自粛要請で地域の行事も中止となり、家の中で過ごすことが多くなっていると思いますが、そのような中、「新しい生活様式」を守りながら、式見地区ふれあいセンターで「式見いきいきタイム」が開催されました。第1部は桜井すずめさんによるミニコンサート、第2部はお手玉の会の皆さんによるレクレーションが行われました。感染症対策のため30名の参加者と限定されたイベントでしたが、参加した皆さん久しぶりに体を動かし、充実した時間を過ごしました。

202010090120201009022020100903

式見ホタル鑑賞会が開催されました。(令和2年5月30~31日)

令和2年5月30日(土曜日)、31日(日曜日)の2日間、式見地区コミュニティ連絡協議会主催による式見ホタル鑑賞会が開催されました。例年、地元の新鮮な大根やきゅうりなどの野菜釣り、綿菓子コーナーやヨーヨー釣りが行われますが、本年は新型コロナ感染症対策のため、鑑賞会のみの開催となりました。夕暮れ時、式見川川辺の会場に竹灯籠が灯され、暗くなるにつれて、川にはたくさんのホタルが飛び交い、次第に増えていくホタルの光に初夏の訪れを感じました。

202005300120200530022020053003

式見中学校閉校「惜別の会」が開催されました。(令和2年3月17日)

令和2年3月17日(火曜日)、今年度で73年間の歴史を閉じる式見中学校の「惜別の会」が開催されました。当初は盛大に「閉校記念式典」を開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症対策のためやむなく延期し、中学校の卒業式当日に最小限の出席者で会を開催しました。生徒代表のことばでは、全生徒10名が地域住民といっしょに取り組んだ式見くんち、ふるさと祭り、料理教室等の様々なイベントを通じて地域と関わりの大切さを学んで絆を深めることができたこと、今後地域に対して何ができるかを考えていきたいなどの発表がありました。また、校門付近に建立された記念碑の除幕式も開催され、地域の方々が見守る中、全生徒がいっしょに紅白のロープを引いて完成を祝いました。

202003170120200317022020031703

式見地区防災訓練が開催されました。(令和2年2月22日)

令和2年2月22日(土曜日)、式見地区ふれあいセンターと老人憩いの家式見荘で防災訓練が開催されました。住民の防火・防災意識の向上及び応急手当の普及を図ろうと市北消防署と防災危機管理室の協力を得て、式見地区連合自治会が主催したものです。まず、毛布と物干し竿を使った簡易担架のつくり方を体験した後、心臓に電気ショックを与えて正常なリズムを戻すAEDの使用方法や人形を使った心臓マッサージによる救命体験、消火器や消防ホースの実演による初期消火体験など消防署員の指導を受けながら行いました。参加者は日頃からの災害、救命への備えの大切さを改めて学びました。

2020022201 20200222022020022203

ぼかしづくり体験会が開催されました。(令和2年1月25日)

令和2年1月25日(土曜日)、式見地区ふれあいセンターで式見地区コミュニティ連絡協議会が生ごみの減量化とリサイクルに取り組んでいる生ごみシェイパーズ長崎を講師として招いて、ぼかしづくり体験会を開催しました。ぼかしとは米ぬかやもみがらに乳酸菌などの有用微生物を増殖させたもので、生ごみに混ぜると分解が促進され有機肥料として活用できます。参加者の多くがぼかしの話を聞くことが初めてで、講義では熱心にメモを取り、実演では講師に質問をしながら協力してぼかしづくりを学びました。

202001250120200125022020012503

式見地区消防出初式が開催されました。(令和2年1月7日)

令和2年1月7日(火曜日)、長崎市消防団式見地区本部による式見地区消防出初式が開催されました。式見地区では新春恒例行事として、長崎市民会館での市消防出初式終了後に消防団や婦人防火クラブ等が地元に戻って再度出初式を行っています。最初に、老人憩いの家式見荘前の道路で地域の方々や式見保育園園児が見守る中、消防団第26分団、第27分団、婦人防火クラブが順番に分列行進を行いました。その後、式見漁港埋立地で消防団が消防車による海上への一斉放水を行って、団員の士気を高めるとともに地域住民へ防火・防災の意識向上を呼びかけました。

202001070120200107022020010703

四杖町田舎地区で「おんのべー」(鬼火焚き)が開催されました。(令和2年1月4日)

令和2年1月4日(土曜日)、四杖町田舎地区で「おんのべー」と呼ばれる鬼火焚きが開催されました。田舎地区の有志が地域を盛り上げようと約10年ぶりに復活させました。竹や木で作った高さ約10メートルのやぐらにお正月の門松やしめ縄を入れ、こどもたちが点火しました。参加者は勢いよく燃え上がっていく火を見ながら、地域のことし一年の無病息災を祈願しました。

202001040120200104022020010403

式見地区成人式が開催されました(令和2年1月3日)

令和2年1月3日(金曜日)、式見地区連合自治会主催による令和2年式見地区成人式が式見地区ふれあいセンターで行われました。本年は新成人21名が出席し、多くの地域の方も参加され、森連合自治会長、田上長崎市長、立本式見小学校長からお祝いや激励のことばがあり、新成人を代表して相川町自治会の山本さんと下向自治会の竹森さんからお礼のことばや新成人としての決意表明がありました。式典終了後も記念撮影や思い出話に花を咲かせていました。

202001030120200103022020010303

式見クリスマス会が行われました。(令和元年12月24日)

令和元年12月24日(火曜日)に式見公園で式見地区コミュニティ連絡協議会主催による式見クリスマス会が行われました。この日、式見公園の木々やフェンスなどに取り付けられた色とりどりのイルミネーションの点灯式もあわせて行われました。集まったこどもたちにはプレゼントが配られ、公園内で上映されたアニメを鑑賞して楽しいひと時を過ごしました。

201912240120191224022019122403 

第17回ペタンク大会が開催されました。(令和元年12月5日)

令和元年12月5日(木曜日)、式見地区老人クラブ連合会主催によるペタンク大会が式見公園で開催されました。ペタンクとは、フランス発祥の球技で、コート上の目標球に金属製のボールを投げ合って、相手より近づけることで得点を競うスポーツです。今回は、全14の老人会から2チームずつ、合計28チームが3コートに分かれてトーナメント方式で対戦しました。決勝では、園友会A(園田)と神楽会B(相川)が対戦し、得点を狙って相手ボールをはじき飛ばすなどレベルの高い攻防が繰り広げられましたが、接戦の末、園友会A(園田)が優勝しました。

2019120501020191205022019120503

式見地区もちつき大会が開催されました。(令和元年12月1日)

令和元年12月1日(日曜日)、式見地区恒例のもちつき大会が式見公園で行われました。一年の締めくくりとして、毎年地域の方々による昔ながらのもちつきが行われています。こどもたちは大人のもちつきを参考にしながら、掛け声に合わせて力いっぱい杵を振り下ろしていました。最後は、ハッピ姿の式見中学校の生徒によるもちふり(もちまき)が行われ、あちらこちらから降ってくる餅に歓声を上げながら拾い集めました。

201912020120191202022019120203

クリーン作戦が開催されました。(令和元年12月1日)

令和元年12月1日(日曜日)、式見地区一円でクリーン作戦が開催されました。今回は、式見地区コミュニティ連絡協議会をはじめ自治会や育成協議会の呼びかけによって、参加者が自宅周辺の道路沿いや海岸等に捨てられたビニール袋、空き缶、たばこの吸い殻等のごみを袋に集めていきました。たくさんの方々のご協力により式見港埋立地や各ごみ収集場所には大量のごみが集められ、まちがきれいになりました。

201912010120191201022019120103

シニアソフトバレーボール大会が開催されました。(令和元年11月24日)

令和元年11月24日(日曜日)、式見中学校体育館で式見地区連合自治会体育部主催によるシニアソフトバレーボール大会が開催されました。当初はソフトボールを予定していましたが、あいにくの荒天により屋内でのソフトバレーボールの実施となりました。様々な自治会のメンバーで構成された6チームに分かれて6人制の試合を行いました。試合では、次から次に出てくる好プレー、珍プレーに参加者からも観客からも歓声が沸き上がり、体を動かしながら親交を深めました。

201911240120191124022019112403

ブッ茶碗投げ大会が開催されました。(令和元年11月10日)

令和元年11月10日(日曜日)、式見港埋立地で式見地区コミュニティ連絡協議会主催によるブッ茶碗投げ大会が初めて開催されました。家庭で使わなくなった茶碗や湯呑みを持ち寄って目標となるセットへ向かって、大声とともに投げつけるもので、役員の方々が安全性を考えて、大きさ、形や素材などを何回も試行錯誤しながら準備されました。参加者は日常生活ではできない体験に戸惑いながらも、力いっぱい目標に向かって投げつけ、日頃の仕事や家庭での様々なストレスを楽しみながら解消しました。

201911100120191110022019111003

レクボッチャ大会が開催されました。(令和元年11月8日

令和元年11月8日(金曜日)、あぐりの丘高原ホテルで式見地区コミュニティ連絡協議会主催によるレクボッチャ大会が初めて開催されました。「レクボッチャ」は、パラリンピックの正式種目である「ボッチャ」を誰でも参加できるように軽く柔らかいボールを使って簡単にしたもので、実施にあたっては長崎県レクボッチャ協会に会場設営やルール説明等のご協力をいただきました。自治会やオープン参加等の15チームに分かれて、体験しながらゲームを行い、相川チームが優勝しました。子どもから高齢者までいっしょに楽しめるゲームですので皆様もぜひ体験してみてください。

201911080120191108022019110803

第35回式見ふるさと祭りが開催されました。(令和元年11月2~3日)

令和元年11月2日(土曜日)から3日(日曜日)、秋の恒例行事である式見ふるさと祭りが開催されました。式見地区ふれあいセンター会場では、学習グループやサークル等の交流を通じて製作した絵画、盆栽、生け花、手芸、陶芸など工夫を凝らした力作が展示されました。また、3日(日曜日)の式見中学校会場では、来年閉校となる式見中学校の3年生による和太鼓をはじめ、式見小学校生徒による合唱、式見保育園児によるコッコデショ、民謡、舞踊、剣武、フラダンス、オペラ独唱、カラオケ、コーラス等、幅広い年代から多彩な出し物が披露され多くの来場者を魅了しました。

201911040120191104022019110403

式見くんちで『相川町月の輪太鼓』が披露されました。(令和元年10月29日)

令和元年10月29日(火曜日)、式見地区の氏神様である乙宮神社の例大祭、「式見くんち」が開催されました。「式見くんち」は毎年10月29日に開催され、各自治会が持ち回って地域の出し物を奉納しています。ことしは、相川自治会、見崎自治会共催による「月の輪太鼓」が奉納されました。式見公園での奉納踊りでは、爽やかな秋空の下、太鼓や笛に合わせた白狐踊りの披露のあと、人の背丈以上の大きな月の輪を頭にした担ぎ手が入場。その月の輪を左右に大きくしならせたり、月の輪をかぶったまま太鼓を叩く姿に観客から歓声や拍手が沸き起こりました。

201910290120191029022019102903

第44回式見地区町民運動会が開催されました。(令和元年10月13日)

令和元年10月13日(日曜日)、式見地区青少年育成協議会などの主催による式見地区町民運動会が式見中学校グランドで開催されました。雲一つない秋空の下、全16自治会選手一同による入場行進で開会し、競技の冒頭には来春閉校となる式見中学校の3年生10名全員による和太鼓が披露されました。玉入れや綱引き等の自治会対抗の得点種目では、各自治会の選手と応援が一体となって盛り上がりました。得点種目の優勝は松崎自治会で連覇達成となりました。

201910130120191013022019101303

ふれあいカフェが開催されました。(令和元年9月30日)

令和元年9月30日(月曜日)、式見荘2階でふれあいカフェが開催されました。これは式見地区コミュニティ連絡協議会の高齢者部会が主催で、地域の皆さんの健康増進と住民同士の絆を深めることを目的として行われています。今回、式見地区内の各高齢者サロンの方々約30名が参加しました。 用意されたお茶やお菓子を食べながら、まず集まった皆さんで簡単な健康体操を行い、その後カラオケ大会が行われました。今後も開催予定ですのでぜひお越しいただければと思います。

201909300120190930022019093003

長崎郷土芸能大会に相川町月の輪太鼓が出演しました。(令和元年9月29日) 

令和元年9月29日(日曜日)、長崎市民会館で例年開催されている長崎郷土芸能大会に相川町の月の輪太鼓が出演しました。月の輪太鼓は百数十年前から地区の行事として、海上の安全や悪疫退散を祈願するために白髭稲荷神社に奉納され、明治・大正時代には、日清・日露・日独の戦勝祝賀行事に凱旋踊として出演しました。この日、長崎郷土芸能大会に8年ぶりとなった月の輪太鼓の披露に、集まった多くの観客からたくさんの拍手が寄せられました。次は、いよいよ10月29日に行われる乙宮神社の例祭である式見くんちに奉納されます。

201909290120190929022019092903

式老連バザーが開催されました。(令和元年9月27日)

令和元年9月27日(金曜日)、式見町の上方公民館で式見地区老人クラブ連合会が主催したバザーが行われました。各家庭から普段あまり使われなくなった日用品などが持ち寄られ格安で販売されました。開始当初、公民館には溢れんばかりの人が押し寄せ、大変な賑わいでした。

201909270120190927022019092703

式見夏まつりが開催されました。(令和元年8月18日)

令和元年8月18日(日曜日)、第31回式見夏まつりが式見漁港埋立地で開催されました。式見21世紀を考える会が地域を元気づけるようにと毎年8月15日に開催していますが、ことしは台風の接近のため18日に順延となりました。昨年から始まった式見地区コミュニティ連絡協議会によるカラオケ大会では、のど自慢や飛び入りで会場を盛り上げました。また、ビンゴ大会や屋台等には多くの家族連れなどが集まり、最後には目の前の防波堤から打ち上がる花火で式見の夏を楽しみました。

201908180120190818022019081803

包丁研ぎ会が開催されました。(令和元年7月27日)

令和元年7月27日(土曜日)、式見地区コミュニティ連絡協議会の主催による包丁研ぎ会が式見地域センターで開催されました。包丁研ぎ会はこれまでも同協議会の高齢者部会が中心となり取り組んでおり、今回は令和になって初めての開催となりました。朝9時の受付時間には、たくさんの方が包丁を持ち寄られ、予定していた50本余りの包丁をボランティアの方が一本一本丁寧に研いでいきました。サビなどのひどいものはグラインダーで磨いていました。依頼された方がたはきれいになった包丁を手に喜んで帰って行かれました。

201907270120190727022019072703

老人クラブと式見小学校で花の苗を植えました。(令和元年6月17日)

令和元年6月17日(月曜日)、式見地区老人クラブ連合会と式見小学校との合同で、国道202号線の式見地域センター前バス停付近に花の苗を植えました。地域の花いっぱい活動の一環として、ことしは小学3年生13名が地域のかたにご指導を受けながら、プランターの土を耕し、マリーゴールドやジニア(百日草)等の季節の苗を並べ、水やりを行いました。夏になるにつれて苗が成長し、色とりどりの花々が咲いてほしいと願っています。

201906170120190617022019061703

第35回式見地区ペーロン大会が開催されました。(令和元年6月16日)

令和元年6月16日(日曜日)、式見の風物詩である式見地区ペーロン大会が式見港で開催されました。初夏の青空に恵まれましたが、式見沖は波が高く、式見港内の直線コースでの実施となりました。自治会単独や合同の6チームに分かれ、力を合わせながらレースに挑みました。決勝では松崎と園田が対戦し、松崎が優勝しました。また、地域の赤ちゃん親子や小学生等によるこどもペーロン、地区内外のかたが自由に参加する体験ペーロンも行われ、こどもから大人まで式見の自然や伝統に親しむ一日となりました。

201906160120190616022019061603

お問い合わせ先

中央総合事務所 式見地域センター 

電話番号:095-841-0211

ファックス番号:095-840-4001

住所:〒851-1137 長崎市式見町357番地

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「地域センター・総合事務所」の分類

ページトップへ