ここから本文です。

特定給食施設及び長崎市特定外給食施設

更新日:2020年4月17日 ページID:024023

長崎市に住所のある特定給食施設及び長崎市特定外給食施設の設置者及び管理者の皆さまへ

給食施設とは?

  • 特定給食施設とは、特定かつ多数の人に対して継続的に1回100食以上または1日250食以上の食事を供給する施設です。
  • 長崎市特定外給食施設とは、特定かつ多数の人に対して継続的に1回20食以上または1日50食以上の食事を供給する施設で、特定給食施設を除く施設です。

食事摂取基準について 

「日本人の食事摂取基準」の一部が改訂され、令和2年4月1日から適用されます。
各給食施設では、基準内容を参考に適正な給食管理及び栄養管理に努めてください。

   「日本人の食事摂取基準」は、健康増進法第16条の2の規定に基づき、国民が健康の保持・増進を図る上で摂取することが望ましいエネルギー及び栄養素の量を厚生労働大臣が定めるもので、5年毎に改正を行っています。
   厚生労働省ホームページに「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書が掲載されています。ご確認ください。
 ■ 厚生労働省ホームページ掲載場所    http://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08517.html(新しいウィンドウで開きます)  

主な改正のポイント
  1. 高齢者の年齢区分をより細かな区分にし摂取基準を設定
  2. 高齢者の虚弱(フレイル)予防のためたんぱく質の摂取目標量の下限引き上げ
  3. 生活習慣病予防のため小児の飽和脂肪酸、カリウムの摂取目標量を設定
  4. 減塩のためナトリウム(食塩相当量)摂取目標量を引き下げ
  5. 脂質異常症の重症化予防のため、コレステロールの望ましい摂取量の上限を設定
                                         (厚生労働省策定検討会報告書から作成) 

給食施設の届出について

特定給食施設及び長崎市特定外給食施設の届出事項が発生したときは、長崎市健康増進法施行細則及び長崎市特定外給食施設指導実施要綱に基づき、長崎市保健所へ「給食施設開始届」「給食施設届出事項変更届」「給食施設休止・廃止・再開届」の提出が必要です。

1.給食施設開始届

特定給食施設及び特定外給食施設を開始した設置者は、その事業の開始の日から1月以内に、所定の様式にて届出を提出してください。

2.給食施設届出事項変更届

1の給食施設開始届の届出事項(給食施設の名称、所在地、設置者の氏名及び住所、給食施設の種類、1日の予定給食数等)に変更が生じたときは、変更の日から1月以内に、所定の様式にて届出を提出してください。

3.給食施設休止・廃止・再開届

1の給食施設開始届を提出した給食施設の事業を休止、廃止、再開したときは、その事実の発生した日から1月以内に所定の様式にて届出を提出してください。

栄養管理報告書について

この報告は、「長崎市健康増進法施行細則第3条及び長崎市特定外給食施設指導実施要綱第3条」に基づき実施するものです。施設の設置者又は管理者は、毎年10月1日の給食の状況について、同月末日までに報告書を提出してください。

お問い合わせ先

市民健康部 健康づくり課 

電話番号:095-829-1154

ファックス番号:095-829-1221

住所:長崎市桜町6-3(別館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ