ここから本文です。

地方移住のメリット・デメリットを解説。安心・快適な暮らしを送るポイントもご紹介

更新日:2022年10月27日 ページID:038720

地方移住のメリット・デメリットを解説。安心・快適な暮らしを送るポイントもご紹介

10-01
地方移住には、具体的にどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。そこで今回は、暮らし・仕事の面から見た地方移住の魅力や問題点について紹介します。移住先で快適な暮らしを送るポイントもまとめているので、目を通してみてください。

暮らし面|地方移住のメリット

10-02
都市部から地方へ移住すると、暮らしにさまざまな変化が現れます。こちらでは、暮らしの面から見た地方移住ならではのメリット・デメリットについて紹介します!地方移住でどのように暮らしが変わるのか知りたいという人は、参考にしてみてください。

メリット1 交友関係が広くなる

地方移住の魅力として、交友関係の広がりが挙げられます。都会はあまり人付き合いを重視しないため、近所の人と交流を深める機会もほとんどありません。
一方、地方には、人同士のつながりや関係を大切にする文化が根強く残っています。地域ぐるみのイベントや行事、コミュニティなども多いため、近所の人との交友関係がどんどん深まっていきますよ。
例えば長崎市では、週末ごとにまちのどこかでマルシェなどのいろいろなイベントが開催されています。「ながさき井戸端パーティー」でイベント探すことができるので、ぜひ気になるイベントを探してみてください。

ながさきいどばたぱーてぃはこちら(新しいウィンドウで開きます)

メリット2 自然が豊か

地方移住の魅力として、自然が豊かである点が挙げられます。人口が多い都会は商業施設やオフィスビルなどが立ち並んでおり、自然を間近に感じる機会はあまりないとされています。
一方地方は、海や山などの自然が残っている地域が多いのが特徴です。例えば長崎では綺麗な海を堪能したり、歴史ある観光資源を見学したりできます。大自然に囲まれたい、喧騒から離れた静かな暮らしに憧れているという人は、地方移住に向いているでしょう。

ながさきしんはっけんのたびはこちら(新しいウィンドウで開きます)

メリット3 物価が安い

物価が安いというのも、地方ならではの魅力だといえるでしょう。東京や大阪などの都市部に比べると、地方では日用品や食料などがリーズナブルな価格で販売されています。また都会では見られないような食品や、その土地ならではの名物に出会えることもありますよ。
例えば長崎では、魚の種類が豊富で、獲れたてのおいしい魚が近くのスーパーで安く購入できます。海が近くなので自分で釣って食べることもできますよ。

メリット4 子育てがしやすい

地方移住のメリットとして、子育てのしやすさが挙げられます。都会は保育所や幼稚園といった施設や、子どもを遊ばせられる公園などが少ないことが問題となっています。子どもを預けられず、仕事に復職できない…という悩みを抱える人も珍しくありません。
一方、地方は都会よりも待機児童が少なく、子どもを保育所や幼稚園に預けやすいのが特徴です。例えば長崎市は、令和2年4月1日時点で待機児童は0でした。また、公園や児童館といった施設が住居の近くにあり、子どもをのびのびと遊ばせられます。移住者の中には、子育てのストレスが減ったと感じる人が多いといわれています。

スタッフの吉岡さん

長崎市はすぐ近くに自然があり、中心部は公共交通機関も整っているため非常に生活しやすいです!

暮らし面|地方移住のデメリット

デメリット1 公共交通機関の運賃が高い

10-03
地方移住のデメリットとして、公共交通機関の運賃が高い地域があるという問題が挙げられます。特に人口が減少している地域は、電車やバスの運賃が高いだけでなく、路線や本数が限られているケースがあります。都会よりも移動にお金がかかり、大変な思いをするでしょう。
ただし中には、公共交通機関の運賃が安い地域もあります。例えば長崎市内の路面電車の運賃は、どこまで乗っても大人が140円・子どもは70円の定額です。長崎市のように交通機関の運賃が安い地域ならば、不便な思いをすることも減るでしょう。

デメリット2 スーパーやコンビニが少ない

スーパーやコンビニといった施設が少ない地域に移住した場合、不便さを感じることがあるかもしれません。都会ならば徒歩県内にコンビニやスーパーがあるため、買い物で不便さを感じることはほとんどありません。
しかし地方の中でも田舎の方では、徒歩圏内にスーパーや飲食店がないことも珍しくありません。また都会に比べて店舗が限られていたり、商品数が少なかったりします。都会ではすぐに手に入れられるものが、地方へ移住するとなかなか手に入らない…ということにもなりかねません。

デメリット3 娯楽が少ない

地方移住のデメリットとして、都会に比べて娯楽が少ないという問題点が挙げられます。都会にはカラオケや映画館、劇場といった娯楽施設が多数揃っており、アーティストの公演なども頻繁に行われます。
その点地方には、こういった娯楽施設が揃っていないケースが大半です。東京や大阪といった大都市に比べ、劇場や美術館といった文化的娯楽が少ない傾向があります。芸術や演劇などを好む移住者にとって、物足りなさを感じてしまうでしょう。

デメリット4 車を購入しなくてはいけないことも

移住する地域にもよりますが、車を購入しなくてはいけないという点もデメリットの一つです。また車を購入すると、車の維持費もかかります。ガソリン代や駐車場の賃料、車検といったお金が必要になり、家計が圧迫されてしまうケースも考えられるのです。もし車の免許を持っていなかった場合は、かなり大変な思いをすることになるでしょう。長崎市の場合、中心部は路面電車やバスといった公共交通機関が充実しています。しかし、中心部から少し離れると交通機関の数が減るため、車が必須です。

仕事面|地方移住のメリット

10-04
地方移住をする際には、仕事がどうなるのか・収入はどう変化するのか気になりますよね。そこでこちらでは、地方移住に伴う仕事面でのメリット・デメリットを紹介します。

メリット1 ライフワークバランスが取れる

仕事面での大きなメリットとして、ライフワークバランスが取りやすくなるという魅力が挙げられます。都会は住居から職場が遠いこともあり、通勤までにかなり時間がかかります。仕事や時間に追われ、なかなか自分の時間が確保できない…と悩む人も多いです。
一方地方は職場の近くに住居を構えられるため、都会に比べて通勤時間が大幅に短縮できます。電車やバスを使わなくても、車や自転車などで通勤できるケースも珍しくありません。自分のために使える時間が増え、プライベートを充実させられたという移住者も多いですよ。

メリット2 起業にチャレンジしやすい

起業にチャレンジしやすいというのも、地方移住者にとっての大きな魅力だといえるでしょう。地方は都会に比べて競合会社が少なく、顧客を掴みやすいというメリットがあります。また地方であれば物件費や人件費など、起業に必要なコストも抑えられますよ。

メリット3 通勤ラッシュがない

地方移住のメリットとして、通勤ラッシュによるストレスが軽減される点が挙げられます。地方は都会に比べ、通勤や通学で公共交通機関を利用する人が少ないのが特徴です。そのため東京のように、乗車率が100パーセントを超えるような混雑に巻き込まれることは滅多にありません。

仕事面|地方移住のデメリット

デメリット1 移住前の資金繰りが大変

10-05
地方移住のデメリットとして、移住前の資金繰りが大変だという点が挙げられます。地方企業で就職するとなると、面接や説明会に行くのに交通費や宿泊費などがかかってしまいます。就職までにしっかりと資金を貯めておかないと、かなり苦労することになるでしょう。

デメリット2 キャリアアップが狙いにくい

キャリアアップが狙いにくいのも、地域移住のデメリットの一つです。都会にある大企業と比較すると、地方企業はこれまでの実績が評価されにくかったり、昇進が難しかったりします。成果を上げてもなかなか出世できず、キャリアが伸びずに悩む人もいます。

デメリット3 希望する職種が見つからないことも

移住する地域にもよりますが、希望する仕事や職種が見つからないというデメリットも挙げられます。特に人口が少ない地域だと、求人数や職種に限りがあります。待遇や収入といった条件が合わない、希望の仕事が見つからないという理由で、転職に苦労するケースも見られるでしょう。

地方移住先で快適な暮らしを送るためにすべきこと

移住先の環境について調べる

10-06
地方移住先で快適な暮らしを送りたいのなら、移住先の生活環境についてリサーチしましょう。自治体のHPなどを参考にしながら、その地域の環境と自分の希望が合致するかチェックしてください。
例えば長崎市では、長崎の暮らしや日常などをピックアップした「長崎市yoriyori」というカルチャーマガジンなども発信されていますよ。
そのほか、最近では、各地方に移住した人がSNSで暮らしぶりなどの発信していることもあるので、SNSもチェックしてみるといいでしょう。

ながさきよりよりはこちら(新しいウィンドウで開きます)

自治体による支援制度を活用する

地方移住の際には、自治体による支援制度を活用するのがおすすめです。例えば長崎市では、子どもがいる世帯を対象にして補助金を支給する「長崎市子育て世帯ウェルカム補助金」という支援制度があります。
また「ながさき移住ウェルカムプラザ」では、暮らしや就業の相談に乗ってくれるというサービスが展開されています。このような自治体の制度を利用することでコストを抑えられますよ。以下にリンクをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

こそだてせたいうぇるかむほじょきんはこちら(新しいウィンドウで開きます)

ながさきいじゅううぇるかむぷらざはこちら(新しいウィンドウで開きます)

地方移住を選ぶ理由とは?

10-07
都会に住んでいる人が地方移住を選ぶのには、一体どのような理由があるのでしょうか。以下に地方移住者に多い理由をまとめていますので、ぜひ目を通してみてください。

理由1 家庭の事情

移住者が地方への引っ越しを決める理由として、家庭の事情が挙げられます。例えば地元に住んでいる親の介護が必要になったり、結婚や出産を機に地方へ移動することになったりと、人によって理由はさまざまです。

理由2 これまでの暮らしを変えたい

地方移住を選ぶ理由として、これまでの暮らしを変えたいというものが挙げられます。都会での暮らしは利便性が高い一方で、生活費がかかったり混雑に悩まされたりといったデメリットもあるでしょう。
こういった都会での暮らしを変え、田舎ならではの生活をしたいという思いから、地方移住を決めるケースが見られます。また地方は都会に比べて出費を抑えられるため、生活に余裕を持つために引っ越しを決める人もいるのです。

理由3 働き方を見直したい

地方移住が人気の理由として、自分の働き方が見直せるというものが挙げられます。地方には地域おこしや林業・農業といった第一次産業など、都会にはない仕事があります。自分が培ってきた経験を活かすため、地方で新たな働き方を模索する人が増えてきていますよ。

スタッフの森さん

近年様々な理由での移住が増えています!なぜ移住したいのか、移住して何をしたいのか、事前によく考え、周りに相談してみましょう。

地方移住のメリット・デメリットを知りましょう!

地方へ移住すると、その地域や田舎ならではの暮らしが待っています。豊かな自然の中で暮らせる、交友関係が広がるなどの魅力もある一方で、生活や仕事の中で大変な思いをすることもあるでしょう。
地方ならではの苦労や大変さを把握していないと、移住に失敗してしまいます。地方移住を成功させたいのなら、今回紹介したメリットやデメリット、移住の前にすべきことを参考にしてみてくださいね。

お問い合わせ先

企画財政部 移住支援室 

電話番号:095-829-1249

ファックス番号:095-829-1112

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館4階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「長崎市移住(Uターン・Iターン ながさき人になろう)」の分類

ページトップへ