ここから本文です。

金比羅公園 歴史を感じる公園

更新日:2013年3月1日 ページID:010203

歴史を感じる公園

公園名

金比羅公園
外観写真
(補足)画像をクリックすると拡大します

金比羅(こんぴら)公園

所在地

西山2丁目252 他

公園の概要

本公園は市の中央部に位置し、緑豊かな自然を有する公園です。金比羅山には、多くの登山道がありますが、その一部は九州自然歩道にも指定されていて、標高366メートルの山頂からは市街地全体はもとより、遠くは雲仙、五島列島をも見ることができます。

駐車場

無し

トイレ

普通:有り、多目的:無し

アクセス方法

長崎駅より県営バス東高下経由の浜平行き「東高下バス停」まで30分。下車後徒歩30分。

公園の特長

歴史に関する説明

金比羅公園には金星観測碑、戦時中の砲台跡などの史跡もあり、毎年4月にはハタ揚げ大会が開催され、多くの人に親しまれています。

長崎金星観測碑

説明
長崎金星観測碑

1874年(明治7年)12月9日、金星が太陽面を105年ぶりに通過する現象を観測するために、日本にはアメリカ、フランス、メキシコの観測隊が派遣されました。そのうちアメリカ、フランス隊が長崎での観測にあたり、金比羅山にはジャンサン隊長が率いるフランス隊が布陣しました。金星の観測に成功したジャンサン隊長は、これを記念するため、石碑を建立しました。これが「長崎金星観測碑」として昭和35年7月13日に県指定史跡に認定されています。

長崎金星観測台

説明
長崎金星観測台

金星観測碑が県指定史跡に認定された後に、レンガ製の観測台の存在も確認されたことから、平成7年3月16日に「長崎金星観測台」として、県指定史跡に認定されています。

お問い合わせ先

中央総合事務所 地域整備2課 

電話番号:829-1184

ファックス番号:829-1165

住所:長崎市桜町2-22(本館5階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「公園・緑」の分類

ページトップへ