ここから本文です。

旧グラバー住宅

更新日:2013年3月1日 ページID:000612

旧グラバー住宅

国指定重要文化財

旧グラバー住宅

指定年月日 昭和36年6月7日

所在地 長崎市南山手町8番77号

英人トーマス・ブレイク・グラバーは、安政6年(1859)9月上海から長崎に来てグラバー商会を設立し貿易に従事した。当初居住地を転々と変えたが、風光佳絶(ふうこうかぜつ)のこの地に接客用を主とした木造洋館を建てた。大工の墨書により文久3年(1863)の建築であることが確認された。木造洋館としては日本最古の遺構。のちここを住まいの根拠とし、増築や模様替えがなされて明治の中頃には概ね現在の姿となった。棟梁は大浦天主堂等を請負った天草の小山秀(こやまひで)であったと思われる。
グラバーは、薩長土各藩を支援し、明治維新を推進した陰の功労者で、造船・炭坑・鉄道等、日本の近代文明の進展にも尽くした。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)

  1. 路面電車「大浦天主堂下」下車徒歩5分
  2. .バス「大浦天主堂下」下車徒歩5分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類