ここから本文です。

ヘラへラ踊

更新日:2013年3月1日 ページID:000817

ヘラへラ踊

  • 所在地 長崎市式見町
    ヘラへラ踊
  • 保持団体 ヘラへラ踊保存会
  • 組織 会長他約60名で保存会を組織し、笛・太鼓・歌い方・踊り方に分担して保存継承している。
  • 上演期間 10月29日 8年毎に奉納(式見くんち)
  • 上演場所 式見乙宮神社
  • 指定状況 無指定

由来

今から約60年前に旧三重村(現長崎市三重町)から伝承されたコミックな踊りである。
昭和9年の式見漁港改修工事竣工祝賀や昭和42年地元の淡島神社の落成式、式見くんちなどに出場している。

芸能の構成

ある所の殿様の娘が、一つも笑わないので、ある時、この姫を笑わせた者にはホービ(賞金)をやると触れを出した。村民達は、知恵をしぼって遂に笑わせた。それがへラヘラ踊りである。
笛・大鼓・歌い方(女性)・ヘラへラ踊の順で入場して踊る。
お多福の面・日の丸扇子・赤色の腰巻・ピンクやブルーの半天・赤布で頬被り・黄色の前掛け等々で踊る。

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類