ここから本文です。

旧リンガー住宅

更新日:2020年6月30日 ページID:000668

旧リンガー住宅

国指定重要文化財

旧リンガー(弟)住宅

指定年月日 昭和41年6月11日

所在地 長崎市南山手町8番 グラバー園敷地内

英人フレデリック・リンガーは、初めグラバー商会に勤めたが、明治元年(1868)29歳の時、英人ホームとホーム・リンガー商会を設立し、外国貿易・商社代理店・製茶・ガス等の企業に幅広く活動した。昭和15年(1940)閉鎖までの70余年間、リンガー商会が長崎の産業経済界に遺した功績は大きい。この家は、木造で外壁石造、3面に角石の列柱(れっちゅう)吹き放ちのベランダを有し、正面中央が出入口で、中廊下(なかろうか)左右に各室を配置する、初期洋館の典型的な平面計画である。F・リンガーは、元治元年(1864)には既に長崎に来ているが、この建物は、その後まもなく建てられたと推定されている。F・リンガーが次男シドニー・アーサーとともに居住したので、リンガー(弟)邸と呼ばれた。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)

  1. 路面電車「大浦天主堂下」下車徒歩5分
  2. バス「大浦天主堂下」下車徒歩5分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類