ここから本文です。

深堀家系図・深堀系図証文記

更新日:2013年3月1日 ページID:000644

深堀家系図・深堀系図証文記

(ふかほりけけいず・ふかほりけいずしょうもんき)

市指定有形文化財

深堀家系図・深堀系図証文記

指定年月日 平成17年8月22日

所在地 長崎市高浜町1796番地 正瑞寺境内

深堀文書は、「深堀系図」「深堀証文後記」「深堀系図証文記録二」の三部からなり、中世研究の貴重な資料として有名である。原本(国重要文化財)は(財)鍋島報效会が所蔵しているが、その写本が国会図書館と正瑞寺に保管されている。この古文書は天和(てんな)元年(1681)鍋島喜左衛門によって作成されたものを、明治32年(1899)に29代鍋島孫六郎茂精によって深堀家と縁深い正瑞寺に寄進されたものである。
原本では、虫害、破損等のため一部欠所もあるが、本書により判読することができる。

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類