ここから本文です。

圓福寺の梵鐘

更新日:2013年3月1日 ページID:000621

圓福寺の梵鐘

(えんぷくじのぼんしょう)

市指定有形文化財

圓福寺の梵鐘

指定年月日 平成17年8月22日

所在地 長崎市香焼町1034 圓福寺境内

長崎の原市郎左衛門(功徳主)、伊藤仁兵衛(募縁主)らによって寄進されたもので、鋳工は安山弥兵衛國逵(あやまやへえくにき)であった。元禄(げんろく)5年(1692)の紀年銘がある。高さ106.5センチメートル、口径47.0センチメートルを測る。
阿(安)山家は、長崎鍛冶屋町の鋳物師(いもじ)で、長崎とその周辺に梵鐘など多くの鋳造品を製作している。弥兵衛國逵は、圓福寺の他にも、記録等では長崎の悟真寺、浄安寺、三宝寺などの梵鐘を鋳造している。
阿(安)山家歴代が製作したものの大部分は戦時中の金属供出で失われ、現存しているものは、崇福寺の梵鐘(県指定有形文化財)、青銅塔(市指定有形文化財)、円成寺の梵鐘(市指定有形文化財)など実にわずかである。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)

バス「香焼行政センター前」下車徒歩10分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類