ここから本文です。

大野教会堂

更新日:2013年3月1日 ページID:000599

大野教会堂

(おおのきょうかいどう)

国指定重要文化財

大野教会堂

指定年月日 平成20年6月9日

所在地 長崎市下大野町2619番地

明治12年(1879)に外海地方の主任司祭として赴任したド・ロ神父は、当地における布教と福祉・殖産に多大な貢献をした。大野教会堂は、同神父が明治26年(1893)に建設した小規模な巡回教会である。
建物は、北側の会堂部と南側の司祭室部からなる。会堂周りの3面は当地産の玄武岩(げんぶがん)割り石を漆喰モルタルで固めた特異な壁体(地元では神父に因んで「ド・ロ壁と呼ぶ」)を築き、その上に洋式のキングポスト(真束)をもつ木造小屋組を架ける。側面の窓は上部を半円アーチ形の煉瓦造とする。
堂内は列柱(れっちゅう)のない一室構成で、現在の和風の棹縁(さおぶち)天井と板張りの床は後補とみられる。上記のド・ロ壁や洋式小屋組のほか、通り抜けにした前廊部とそれを覆う変則的な寄棟屋根、軒下に出る梁の先端に施したり彫り込み装飾など、ド・ロ神父の建築技法が随所にみられ、また地域の風土に密着した造形を示す。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)
(補足)地図は目的地周辺の概ねの位置を示しています

バス「大野」下車徒歩10分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:〒850-8685 長崎市魚の町4-1(14階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類