ここから本文です。

万屋町傘鉾垂一式

更新日:2013年3月1日 ページID:000594

万屋町傘鉾垂一式

(よろずやまちかさぼこさがりいっしき)

市指定有形文化財

万屋町傘鉾垂一式 

指定年月日 平成15年5月1日

所在地 長崎市南山手町8番グラバー園内長崎伝統芸能館(くんち資料館)倉庫

江戸後期に制作された万屋町傘鉾垂が長崎刺繍「魚尽くし」であるのは、この町にかつて魚問屋があったことに因む。刺繍は文政10年(1827)縫屋幸助(下絵・原南嶺斎)による作品と、弘化5年(1848)塩屋熊吉による作品の新旧二種が存在する。
刺繍内部に綿などを含ませ立体感を出す技法には中国刺繍の技法が認められ、また刺繍の写実的表現には長崎に渡来した清朝絵画の影響が見受けられ、長崎刺繍工芸史上貴重な資料である。

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類