ここから本文です。

深堀陣屋跡のアコウ

更新日:2013年3月1日 ページID:000554

深堀陣屋跡のアコウ

(ふかほりじんやあとのあこう)

市指定天然記念物

指定年月日

昭和51年7月20日

所在地
深堀陣屋跡のアコウ

長崎市深堀町5丁目

アコウは、クワ科の常緑高木である。台湾・琉球列島から北上し、九州・四国・本州の和歌山県に達する。五島列島には巨木が多く、国の天然記念物に指定されたものもある。 このアコウは、 胸高幹囲(むねだかみきまわり)6.90メートル、樹高およそ20メートル、 東西・南北へそれぞれ25メートルの枝張りである。アコウの巨樹の多くは、地上まもなく数本の幹に分かれ、大きく横に広がり、幹や枝から気根(きこん)や支柱根(しちゅうこん)を垂らす。しかし、このアコウは、地上4メートルまで直立し、そこから出る支幹も高く上に伸び、美しい樹形をつくる。横に伸びる支幹がないためか、支柱根は全く見られず、数本の気根を垂らすだけというのも珍しく、このアコウの特徴ともいえる。

アクセス

長崎バス「深堀」下車、徒歩10分

地図大きなサイズの地図をGoogle Mapsサイトで閲覧する(新しいウインドウが開きます)

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類