ここから本文です。

鉅鹿家魏之えん兄弟の墓(1基)

更新日:2013年3月1日 ページID:000515

鉅鹿家魏之琰兄弟の墓

(おうがけぎしえんきょうだいのはか)

鉅鹿家魏之琰兄弟の墓

指定年月日 昭和39年10月16日

所在地 長崎市西山本町10番

この墓は、鉅鹿家の祖とその兄魏毓禎の二人を祀る前方後円の中国式墓である。魏之琰兄弟は福建省福州府福清縣の人であるが、東京(現在のベトナム)に移住し、東京船主として長崎間を往来し、巨利を得た。毓禎は崇福寺に多大の貢献をしたが承応3年(1654)東京で死去した。その後の貿易は弟が引継いだが、寛文12年(1672)之琰は一家をあげて長崎に移住し住宅唐人となった。天和年間、死後30年を経た兄毓禎の遺骨が長崎に来た。元禄2年(1689)之琰が死去して、子供たちが父と伯父を合葬したのがこの基である。之琰は死去するまで鉅鹿姓を名乗らず魏であったが、子供から鉅鹿と日本姓を名乗った。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)
(補足)地図は目的地周辺の概ねの位置を示しています

バス「経済学部前」下車徒歩7分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類

ページトップへ