ここから本文です。

相川町馬乗川平休耕田について

更新日:2022年3月15日 ページID:026470

ニホンアカガエル(成体)
ニホンアカガエル(成体)
ニホンアカガエル(卵塊)
ニホンアカガエル(卵塊)

相川町馬乗川平休耕田

1 概要

長崎市相川町にある当休耕田は、長崎市レッドデータブックに掲載されているニホンアカガエル、カスミサンショウウオ、ヘイケボタルなどの市内最大の生息地でしたが、平成8年頃に耕作がやめられてからは急速に乾地化が進み、それら湿地性の希少生物が絶滅の危機に瀕することとなりました。そのため、平成16年度から、地元自治会の協力を得て自然再生事業に着手し、現在では、ヘイケボタルの飛翔をはじめ、冬場の12月から春先の3月にかけて、ニホンアカガエル、カスミサンショウウオの成体と多くの卵塊が毎年、確認できる状態となっております。 当休耕田は、人と自然とが触れ合える、市内でも貴重な生物生息環境(ビオトープ)となっています。

2 現在の様子(R4.2月現在)

12月下旬からはじまるニホンアカガエルの産卵に向けて、産卵場所の整備を行いました。(令和3年12月12日)
カエル産卵場所
ニホンアカガエル(画面奥、丸型)とヒキガエル(画面手前、うずまき型)が産卵していました。(令和4年2月8日)
カエル産卵
※駐車場は1~2台分のスペースしかありません!道路が狭いため、大型車は困難です!

ダウンロード

お問い合わせ先

環境部 環境政策課 

電話番号:095-829-1156

ファックス番号:095-829-1218

住所:〒850-8685 長崎市魚の町4-1(13階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「自然環境・環境学習」の分類