ここから本文です。

フードバンク・フードドライブ活動にご協力ください

更新日:2019年10月15日 ページID:029935

フードバンク・フードドライブ活動にご協力ください

 「フードバンク」とは

 フードバンクとは、まだ食べられるにも関わらず、さまざまな事情により捨てられてしまう食品を、家庭や食品製造者等から寄付していただき、食べ物に困っている人や福祉施設等に無償で提供する社会福祉活動のことです。

 長崎市では、このフードバンク活動が、食品ロスの削減及び生活困窮者の支援に寄与するものであると考え、フードバンクに対する認識が深まり、支援の輪が広がるよう、フードバンク活動の周知・普及を行っていきます。

「フードバンクの日」

11月23日は「フードバンクの日」です。11月23日は勤労感謝の日であり国民の祝日ですが、実はこの起源は飛鳥時代(592年〜710年)にさかのぼり、農業国家である日本は、11月23日をその年の五穀豊穣を祝い、一年を養う大切な蓄えとなる収穫物に感謝する日としてきました。現在も勤労感謝の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条において、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としています。

「フードドライブ」とは

 フードドライブとは、家庭で賞味期限は切れていないが、忘れられて保管されたままになっている「もったいない食品」や「余っている食品」を学校、地域、職場などが窓口となって回収し、それらをまとめてフードバンク団体に提供する活動です。学園祭や地域のお祭りなど、人の集まる場所でイベントとして開催する方法もあります。

 長崎市では、「廃棄物対策課(市役所別館4階)」及び「サステナプラザながさき」において、フードドライブ活動を行っており、市民の皆様から提供された米や缶詰などの食品を一時的に預り、一定量が集まったところで、フードバンク活動を行う団体に提供しており、市民と団体をつなぐ窓口のひとつとして活用されております。

※「サステナプラザながさき」…長崎市が平成28年4月に開設した、市民が気軽に集い、利用できる市民主体の環境活動拠点

「廃棄物対策課」及び 「サステナプラザながさき」では、皆様からの食品の寄付を受け付けております

 ご協力いただきたい食品の例・・・お米、缶詰、レトルト食品、インスタント食品、パスタ、素麺等の乾麺、のり、お茶漬け、ふりかけ、粉ミルク、離乳食、お菓子、調味料(しょうゆ、食用油等)
食品の例

※次の食品はお受けできませんのでご注意ください。
  ・賞味期限が明記されていない食品
  ・賞味期限が切れている食品
  ・賞味期限が1か月を切っている食品
  ・開封されているもの
  ・生鮮食品(生肉・魚介類・生野菜)
  ・冷凍食品・冷蔵食品

  受付方法:直接ご持参ください

  受付場所・受付日時
     1.廃棄物対策課(長崎市役所別館4階) 
         月曜日~金曜日 (祝日は除く) 8:45~17:30
     2.サステナプラザながさき(長崎市万才町10-16 パーキング川上2F)  ※下部地図参照
         火曜日~土曜日10:00~18:00、日曜日11:00~16:00 (月曜日・祝日休み)
                          TEL:095-895-5541
         ホームページはこちら(新しいウィンドウで開きます)

 サステナ地図

 フードバンク・フードドライブ相関図

 フードバンク・フードドライブ

  長崎市でフードバンク活動を行っている団体

 長崎市内では、次の団体がフードバンク活動に取り組んでいます。

  ●フードバンク協和   ※ホームページはこちら(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

環境部 廃棄物対策課 

電話番号:095-829-1159

ファックス番号:095-829-1218

住所:長崎市桜町6-3 (別館4階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ