ここから本文です。

追悼長崎原爆朝鮮人犠牲者(碑)

更新日:2013年3月1日 ページID:005172

追悼長崎原爆朝鮮人犠牲者(碑)

(碑文) 強制連行および徴用で重労働に従事中被爆死した朝鮮人とその家族のために

1979年(昭和54年)8月9日

追悼長崎原爆朝鮮人犠牲者(碑)

建立の経過

昭和42年7月10日長崎市大浦元町1、誠孝院地下納骨堂に安置されていた朝鮮人被爆者の遺骨 153(納骨箱38個)を岡正治氏が発見した。この遺骨は、朝鮮人連盟が保管していたが、昭和24年 9月同連盟が団体等規正令により解散指定団体となり、朝鮮人連盟の財産が没収された際、同時に没収された。その後大音寺に預けられ、さらには昭和27年3月6日誠孝院へ移管保管されていたが、昭和43年8月さらに深堀円城寺に預けられた。
昭和48年11月13日遺骨は木浦に送還された。以上の経過の中で岡正治氏は、昭和43年6月朝鮮人原爆死殉難碑納骨堂建設委員会を結成し、募金を開始したが、その後、昭和54年3月「長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼碑」建設委員会が結成され納骨堂建設委員会は解散した。
同年7月12日追悼碑建設を決議、急遽募金運動を再開し、8月9日午前7時30分除幕式挙行の運びとなった。
毎年8月9日午前7時30分、追悼早朝集会(無宗教)を挙行している。(長崎在日朝鮮人の人権を守る会)

  • 設置年月日 昭和54年8月9日
  • 設置者 原爆爆死朝鮮人追悼碑建設委員会
    発起人 岡正治
  • 設置目的 強制連行、徴用朝鮮人被爆者慰霊
  • 寸法 碑:高さ75×幅65×奥行30
    台座:高さ30×幅73×奥行50
    新台座:高さ18×幅155×奥行135
  • 材質 黒御影材

お問い合わせ先

中央総合事務所 地域整備1課 

電話番号:829-1164

ファックス番号:829-1165

住所:長崎市桜町2-22(本館5階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「平和公園」の分類

ページトップへ