毎日毎日、測量した土地で書き記したこの『測量日記』から、長崎での様子がうかがえるものを抜粋してみよう。

十二月七日 (文化9年)

曇り風時々雪。同所に逗留して測る。同村字ミトセ鼻より初める。大小(ヲホコ)島の渡り口に大印 を残す。二町一十五間(245m)が沿海。瀬戸の巾五十六間(102m)。大小島は一周五町五間五尺五寸(556m)。 小島は一周二町(218m)ばかりで遠測する。又、地方の大印より初める。(中略)戸根原川尻に原印 を残す。沿海一里三町二十一間三尺五寸(4,294m)。原印より横切り、外 の海辺の字古屋敷に当四日に残した印に繋げる。横切り二十一町五十八間二尺五寸(2,397m)。枝戸根(長崎市琴海戸根町)日蓮宗自証寺で昼休み。

【キーワード1/自証寺】
 
測量隊一行の坂部部隊が昼休みをしたのは、現存する自証寺。この寺は、万治元年(1658)、大村藩の家老、浅田安昌により祖母、自證院(じしょういん)の菩提を弔うために建てられた。境内の大きな2本の銀杏の木が国道からの目印となっている。


※2008.6月 ナガジン!特集「爽快ドライブ3〜自然美あふれる琴海ドライブ!〜」参照
 

八月十二日 (手分け) (以後文化10年)

晴天。瀬戸村(西海市大瀬戸町瀬戸)に逗留して測る。六っ時後に乗船する。一里余り(約4辧砲巴單腓愿呂襦

彼杵郡大村領神浦村持ち池島は人家百十軒。…中略…大池は一周五六町(約600m)ある。池島は一周一里二十七間五尺(3,977.88m)。

この島より、およそ二十町(2,182m)ばかりに蟇島(大蟇島)。蟇島は一周二十一町一十六間(2,320m)。大村より出る真図を用いて遠測する。同属の満切り小島(小蟇島)は一周三町四十九間(416.36m)。同前。

池島より一里(約4辧砲个りで母子島へ渡る。神浦村持ち母子島は一周六町四十間四尺(728.48m)。

【キーワード2/池島】
 
忠敬ら測量隊一行は、角力灘に浮かぶかつての炭鉱の島、池島へも足を運んでいた。池島の周囲は、現代においても約4kmと表現される。一里二十七間五尺(3.977,88m)とは、お見事!


※2005.8月 ナガジン!特集「炭鉱の島・池島探検!」参照
 

八月十七日 

朝は曇天。四っ半頃より晴れ曇り。六っ半頃に大村領福田村を出立した。

同村の内、字観音岩鼻に昨日打ち止めた音印より初めて、惣一手で沿海を順に測る。字観音崎。御料所の高木作右衛門支配、浦上村の内、淵村字小瀬戸郷(小瀬戸町)。又、浦ともいう。赤瀬。左山上に小瀬戸の遠見番がある。(中略)左神崎大明神。左見当塀。岩穴がある。一名クヒチガヒ。長崎入江口。一名を玉ノ浦、鶴ノ浦、深江浦、惣名を長崎浦という。神崎台場前にて打ち止める。淵村庄屋の志賀和一郎(親善)と散使の滝次郎(金子滝次郎)の案内。(中略)沿海二十一町五十一間(2,383.64m)。沿海合計三十四町四十四間三尺(3,790m)。外に島を測り四町三十八間一尺(505.76m)。惣測一里三町二十二間四尺(4,295.76m)。

それより乗船して御料所浦上淵村の内、稲佐郷へ八っ後に着く。止宿は本陣が庄屋志賀和一郎宅と別宿が忠蔵宅。この日、浦上山里村庄屋高谷重十郎と長崎村庄屋森田貞六が出て来る。

【キーワード3/神崎神社】
 
かつて西側を男神、東側を女神と呼んでいた長崎入江口の様子が、往時から変わっていないことがわかる。今も女神大橋が架かる長崎港口の一番狭い場所には神崎神社(こうざきじんじゃ)が祀られている。



最終版伊能大図/部分拡大・長崎
松浦史料博物館蔵

また、淵村庄屋の志賀和一郎や、浦上山里村庄屋高谷重十郎、長崎村庄屋森田貞六との接触も興味深い。止宿先や、測量作業を手伝う現地郷夫の手配など、土地の有力者の協力は欠かせないものだったのだろう。

※2008.3月 ナガジン!特集「越中先生と行く長崎八景の世界〜江戸期の景勝地〜」参照


八月十八日

晴天。六っ半頃に稲佐郷、又浦を出立。乗船して五っ時後に長崎町へ着く。

乙名の春野半兵衛と横瀬半三郎が出る。四っ半頃(午前11時頃)立山役所へ届け に出る。当時の御奉行遠山左衛門尉の用人の福田仁右衛門と手付の豊田源治左衛門に挨拶する。

長崎町の止宿、炉粕町の大同庵に一同で泊まる。

【キーワード4/大同庵】
炉粕町の大同庵とある伊能隊の止宿先は、明治に入って東彼杵郡上波佐見村中尾郷に移った皓台寺の末寺 大同山慈雲寺のこと。諏訪神社や長崎奉行立山役所にも程近いこの地に、伊能隊一同、市中を測量した8月18日〜9月2日までの14日間、また、長崎街道、時津街道を測量した9月16日、17日の2日間宿泊した。

また、長崎奉行遠山左衛門尉とは、“遠山の金さん”として名高い江戸町奉行の父で、84代長崎奉行 遠山左衛門尉景晋のこと。

※2010.12月 ナガジン!特集「犯科帳が教える江戸期の長崎」参照
 

九月朔日

晴天。同前。

阿蘭陀出島館、並びに象を見。

【キーワード5/象】
オランダ船二艘の入港で長崎の町は大賑わい。さらに象が乗り込んでいるとなればなおのこと。享和13年にも一度、象は輸入され、見物人で沿道は行列をなした。この年下り立ったのはセイロン産の象1頭。しかし、時の長崎奉行 遠山左衛門尉景晋は小麦100俵を与えて積み戻させたという。オランダ商館長はヘンドリック・ドーフ。豪華メンバーの顔合わせだ。
唐館を見る。(忠敬の手紙によると、この日は唐船も見学に行っている)

※2010.12月 ナガジン!特集「犯科帳が教える江戸期の長崎」参照


このページは『伊能忠敬の長崎市測量』を参考にさせていただきました。


〈2/3頁〉
【前の頁へ】
【次の頁へ】