• 思索空間アンシャンテ
  • 各国語パンフレット
  • 遠藤周作 生誕100年記念事業公式サイト

開館時間

AM9:00~PM5:00
(入館受付PM4:30まで)

休館日

12月29日から1月3日まで

観覧料(個人)

一般360円、
小・中・高校生200円

観覧料(団体)10人以上

一般260円、
小・中・高校生100円

長崎市遠藤周作文学館

〒851-2327
長崎県長崎市東出津町77番地


TEL:0959-37-6011
FAX:0959-25-1443

email:endoshusaku_seitan100

@city.nagasaki.lg.jp

第48回文学講座【申込受付は終了しました】

2024/06/03

第48回文学講座 【申込受付は終了しました】

 

【講座要旨】

 遠藤周作は結核再発で死と向き合う長い入院体験から、生活の次元とは違う、挫折に生きる意味を見出す人生の

次元という視座を得て、『わたしが・棄てた・女』『沈黙』『侍』『深い河』など、今も読み継がれる多くの名作

を産み出しました。

 そうした作品に注目し、様々な生活の挫折を抱えて生き悩む私たちに光をもたらす人生の次元の視座をご一緒に

考えたいと思います。

 

日時:2024年7月27日(土)13:00~15:00

 

テーマ:生誕百年を超えて読み継がれる遠藤文学の今日的意義―生活の挫折に生きる意味を見出す人生の視座 

 

講 師:山根 道公 氏(ノートルダム清心女子大学教授)

 

場 所:遠藤周作文学館(思索空間アンシャンテ)

 

参加料:無料

 

定 員:40名(先着順)【申込受付終了】

 

申 込:FAXに住所、氏名、電話番号、申込人数を明記の上、

    文学館まで。電話でも可。7月25日(木)〆切。

     ※定員に達したため申込受付を終了しました(7月12日)。

 

申込・問い合わせ:長崎市遠藤周作文学館

         〒851-2327 長崎市東出津町77

         TEL/0959-37-6011

         FAX/0959-25-1443