ここから本文です。

被爆体験者支援事業

更新日:2017年10月1日 ページID:002213

被爆体験者精神医療受給者証

被爆体験者精神医療受給者証とは

第二種健康診断受診者証(注釈)をお持ちのかたで、被爆体験による精神的要因に基づく健康影響に関連する特定の精神疾患(これに合併する身体化症状、心身症等を含む)が認められる場合、申請の後に「被爆体験者精神医療受給者証」の交付を受け、対象となる疾患・症状の治療等に係る医療の給付等が受けられます。
これは、「長崎被爆体験者支援事業」(被爆体験者精神影響等調査研究事業)として国からの委託を受け、長崎県と長崎市が実施している事業です。

被爆体験者精神医療受給者証の対象者

第二種健康診断受診者証(注釈)をお持ちのかた(原子爆弾が投下された際、胎児であったかたを除く。)であって、現在も、長崎県内に居住するかたのうち、被爆体験に基づく精神的な要因により特定の病気を発症しているかたが対象になります。
(注釈)平成14年4月に追加指定された健康診断特例区域に、原爆が投下された時いたかたは、第二種健康診断受診者証の交付を受けることができます。

第二種健康診断受診者証の詳細

医療機関の皆様へ

被爆体験者精神医療受給者証(公費番号86426020)の対象疾患表がダウンロードできます。

対象精神疾患・対象合併症(PDF形式:227KB)

窓口原爆被爆対策部 調査課 拡大地域支援係
電話番号:095-829-1290 ファックス番号:095-829-1148
住所:長崎市桜町2-22(本館1階)

お問い合わせ先

原爆被爆対策部 調査課 拡大地域支援係

電話番号:095-829-1290

ファックス番号:095-829-1148

住所:長崎市桜町2-22(本館1階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「被爆者援護」の分類

ページトップへ