ここから本文です。

平成22年度 第2回 ちゃんぽんミーティング

更新日:2013年3月1日 ページID:021429

日時 2010年5月26日(水曜日)

テーマ わがまちの公園自慢

参加者発言集

参加者の主な発言

    (深堀中学校区青少年育成協議会 ★活動公園:深堀公園)
  • 例年、「ふれあいスポーツ大会(主にグランドゴルフ)」、「おんのほね(鬼火)」を行っています。
  • 「おんのほね」では、年男・年女が点火しますが、参加者の中には、本人、子ども、孫と3世代が年男・年女という方もいて、とても感動されていました。また、町外の方でも参加できるので、毎年楽しみにしている方もいます。
  • 「おんのほね」に使用する竹などは、近くの山などから集めるため、費用はほとんどかかっていません。
  • 深堀公園には、親子はもちろん、3世代、4世代の交流の場として地域の多くの人々が集まります。


 

    (松が枝町自治会 ★活動公園:松ヶ枝公園)
  • 松ヶ枝公園では、クリスマスイルミネーションを行っています。今年も11月から点灯するので、毎日公園の清掃に心がけています。
  • 今年の2月には芝生の苗植えをし、現在養生中です。子ども達も協力してくれ、中に入って遊ぶこともなく、立派な芝生ができあがるのを楽しみにしています。なお、芝生の管理は、『グリーンスマイル長崎』と連携をとりながら行っています。
  • 自治会復活記念として桜を植樹しました。今年の開花の時期には、小さいながらも、数える程でしたが花が咲き、いとおしく思いました。
  • 公園のおかげで、会員相互の絆が深まったように思います。公園は、面積は狭いものの、地元の住民にとって憩いの場所となっています。


 

    (グリーンスマイル長崎 ★活動公園:松ヶ枝公園)
  • 裸足でも遊びやすい公園を目指し、芝生化に取り組んでいます。
  • 長崎市の芝生化チャレンジ事業を活用しています。応募にあたって、地元の『松が枝町自治会』にも協力をお願いしたところ、快諾してくれました。
  • 芝生は管理が難しいですが、完全を目指そうとするのではなく、できる範囲で取り組んで行きたいと考えています。
  • 公園では、年間を通じて、多くのイベントが行われていますが、これに芝生が加わるともっと楽しくて安らげる公園になると思います。


 

    (平和公園地域猫の会 ★活動公園:平和公園)
  • 平和公園は世界的に有名な公園で、観光客が多く訪れますが、猫も多く、糞尿の匂いがしていました。
  • 平和公園地域猫の会では、状況を改善しようと、餌やりの時間や場所、トイレの場所を特定したところ、猫は餌やりの時間だけしか出てこなくなり、糞尿の匂いもしなくなりました。活動には時間がかかりますが、地道に続けることが重要であり、公園もきれいになっています。
  • 野良猫が増えないようにするため、猫の不妊・去勢手術を行っています。
  • 地域猫活動は、他都市でも取組みがあっていますが、何よりも継続することが大切です。


 

    (曙町第二道園自治会 ★活動公園:大洋アパート跡地 及び 稲佐近隣公園)
  • 地域内の大洋アパート跡地には、毎年花や芋を植えています。花は通行人や、観光バスの乗客にも楽しんでいただいています。芋の収穫の時期には稲佐小学校の生徒も参加し、子ども達は収穫を楽しんだり、また、給食の材料としても使われています。
  • 跡地斜面には、ガザニア(花)を植えており、見た目にも美しいですが、ガザニアの生命力が強く、雑草が生えなくなりました。
  • 稲佐近隣公園は、広い面積ですが、老人会が中心になり手入れを続け、雑草の無い公園となっています。また、水仙を植えましたが、美しかったです。
  • 公園はきれいにしていれば、使う側もきれいに使ってくれます。


 

市長の主な発言

  • 住民のコミュニティが広がるきっかけとなる公園を、各自治会・団体の方が、それぞれ工夫してきれいに、使いやすくしていただいていることをとても嬉しく思います。
  • みなさんの取り組みが、他の公園でも同様に行われるようになるとよいと思います。また、それが継続されるためには、地域のネットワークや仕組みを作ることも大切です。


 

ミーティング終了後のアンケート結果

  • みなさんパワーがあり、市との連携や相談をしやすい体制作りができていることに感銘を受けました。これからも小さい子どもからお年寄りまで、みんなに愛される公園を目指していきたいと改めて感じました。
  • 和気あいあいと、とても楽しく意見交換できました。また、公園のあり方、管理など本当に皆様ご苦労なさっているのだなと思いました。
  • 地域猫の問題は、まだまだこれから、様々な障害を乗り越えていかなければならないと思うので、根気・継続・知恵、そして人材が必要だと思います。
  • それぞれが地域に合った活動をされていて、非常によかったと思いました。次回には、もっと公園の魅力を伝えられるよう頑張ろうと、自治会、老人会、婦人部と話し合いました。
  • それぞれの地域を生かした活動取組みに大変参考になりました。自分の地区は、活動となると老人会が主体となることが多いですが、これからは“若い力”は勿論、“女性パワー”も大いに発揮できるような組織作りをして行かなければと改めて感じました。
  • 各参加者が、それぞれに工夫して、考えを実践されていることがわかりました。市民の方が、「自分のことは自分でやろう」となさっている気力を感じました。




 

お問い合わせ先

市民生活部 市民協働推進室 

電話番号:095-829-1125

ファックス番号:095-829-2925

住所:〒850-0022 長崎市馬町21-1

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ