ここから本文です。

平成20年度 第6回 ちゃんぽんミーティング

更新日:2013年3月1日 ページID:021416

日時 2008年12月16日(火曜日)

テーマ ビバ!国際交流

参加者発言集

参加者の主な発言

  • 以前は華僑のみの構成員でしたが、中国社会と日本の枠を取り払い、長崎在住で中国獅子舞に興味があれば誰でも参加していただける会へと生まれ変わりました。現在では非常に和気あいあいとした雰囲気の中で楽しく活動しています。例え政治情勢や経済の状態が冷え込んでも、人間の絆にはもっと強いものがあるということを感じさせられ、未来にも希望が見えてきます。将来的には多くの国籍の人たちが長崎でのよい思い出を作っていただき、母国へ中国獅子舞の楽しさと長崎で出会った人たち素晴らしさを紹介していただきたいと考えています。それが異文化間の偏見や誤解という垣根を取り払うことになり、相互理解の進展へとつながる未来への恩賞となるのではないでしょうか。
  • 世界大戦のときに行われたことが国によってバラバラな伝わり方や認識をされていることを、今後われわれ戦争を知らない世代が、戦争はダメだ!核はダメだ!ということを後世に伝えるためには、アジアではこういうことがあって、こういうことからこういうことを学んだという共通認識を各国に伝えていくことができたらと考えています。それに付随してアジアの国々と仲良くなり、長崎に来る意義が大きくなればいいと思います。
  • 自分が今まで培ってきた技術が海外で役に立てることができるということでシニア海外ボランティアに参加しています。難関は言葉の問題で、まず英語を勉強して何とか通じるような状況になって、自分の勉強にもなり、微力ですが国際協力できれば自分にとっても非常にプラスになるということで参加しています。
  • 日本人は十分クリスマスがわかるので、クリスマスを教えても国際交流にはならないと思って、ハロウィーンをやっています。築町の近所の皆さんに協力いただいていて、僕が渡したお菓子にプラスしてラッピングして子どもたちに配ってくれる。もう4~5年間続けてやっているんですけど、長崎の祭り、長崎の名物にしたいと思っています。
  • 長崎はバス、全部、漢字。行きたいけど、どうやってどこまで行くか。難しい。読めない、漢字。長崎はとても有名シティだけど、長崎、来ても、一番行きたい平和公園もどうやっていくか、わからない。長崎駅から大きな(道案内の)ポスターあれば、みんなわかる。平和公園にいくときには、こういくとか、わかるようにしてほしい。
  • 大学で留学生のスタートのお手伝いをしています。市役所にこういう手続をしに行かなきゃいけないというとかそういうところまでサポートしていますが、私をきっかけに他の友達との輪も広がっています。
  • ホームステイで受け入れをしていて、一つ、一つの出会いが私にとって財産。誰が一番よかったとは決めらませんが、ホームステイは、観光と違って家族になるっていうのが目的なんですが観光目的と思えるような子がホームステイしたことがあった。最後の日に長崎で印象に残ることは何かと尋ねたら、原爆だと答えた。長崎で一番大切なものをわかってくれていて、今まで偏見を持って見てたのがすごく申し訳ないと思ったくらい本当に感動しました。私は長崎でホームステイする意義を
    教えてもらったと思います。頑張ってこれからもたくさん受け入れをしていこうと思います。


 

市長の主な発言

  • 訪ねて行ったり、一緒に御飯を食べたり、お話したりすることで、この国の人たちと戦争したくないという気持ちが芽生えたり、あそこの国には自分の友達がいるという思いが戦争を止める力になったり、人と人との交流が平和につながっていくということを強く感じました。
  • 長崎にとって、いろいろな国の人たちと仲良くするのはすごくふさわしいことだ、長崎に似合っているということを強く感じました。
  • 活動のタイプが違うと、きっかけが違ったり、グループの大きさも違ったりしますが、いろいろな形で自分たちにふさわしい活動や、いろいろな場所で自分のやりたいこととなどを行っていただいているということがわかって、とても嬉しく思いました。また、皆さんの活動全部が、長崎にふさわしい、平和につながる大事な活動だと思いました。


 

ミーティング終了後のアンケート結果

  • 多くの人が長崎人として様々な活動を行っているんだということを知ることができて大変良かったと思います。それぞれが共通して、「平和」という願いのもとに成り立っているということを改めて実感しました。
  • 他団体と交流もでき、国際交流といっても、みんな切り口が違い、刺激になりました。時間はあと30分程あった方がいいと思いました。外国の方から指摘があったように、外国語の案内表示を増やした方がいいと思います。
  • 他の参加者の皆さんがしっかりとしたビジョンを持ち、大変刺激を受けました。


 

お問い合わせ先

市民生活部 市民協働推進室 

電話番号:095-829-1125

ファックス番号:095-829-2925

住所:〒850-0022 長崎市馬町21-1

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ