ここから本文です。

平成20年度 第5回 ちゃんぽんミーティング

更新日:2013年3月1日 ページID:021415

日時 2008年11月19日(水曜日)

テーマ わたしたちのエコ活動

参加者発言集

参加者の主な発言

  • 「長崎打ち水大作戦」を実施。打ち水を一斉に行うことによって涼しさをあじわい、エアコン使用を抑える。この行事を通して参加された大人から子どもまでの交流が生まれ、地球温暖化について意見交換等ができた。
  • マイ箸持参のときの特典があるお店マップができるといいと思う。
  • 個人での節電、節水を心がけると大きなエコにつながっていくと思う。
  • エコ活動に関するゼロ予算事業も、行政との協働において、皆さんとのネットワークで対応ができるのではないかと思う。
  • 活動していく中で、若い人への声かけが難しいと感じている。
  • 若い人を引き込むには、かっこよくおしゃれなアピールが必要。若い人は見た目から入ります。楽しい雰囲気で。自主性をもって参加させることも大事。
  • 緑のカーテンコンテストのためご近所を回ったところ、皆さんエコのためだけではなく、無意識にされているところが多かった。エコロジーは、続けることなので、無意識にエコを行っていたということをお知らせし、表彰したいと思う。


 

市長の主な発言

  • 活動している姿が楽しいと人が集まる。集まった仲間同士で交流が深まり情報交換ができるのもいい。
  • 環境においても、全部を市役所がすることはできないし、全部を市民がすることもできない。協働は日本全体が試行錯誤の時代で、いろいろ試行錯誤や経験を積み重ねたところが良いやり方を見つけていくと思うので、今後もいろいろなお話を皆さんから聞かせていただきたい。


 

ミーティング終了後のアンケート結果

  • 初めて知る団体や活動もあり、とても有意義な時間を過ごすことができた。
  • 同じ想いで活動しているいろんな団体と交流でき、横のつながりができたことがとても良かった。
  • 席を離れて個別にいろいろな団体と話ができる時間があればもっと良かった。
  • ミーティング後に希望者だけでも1時間ほどフリーに話ができたらよいと思う。
  • 団体の活動報告が多かったので、もっと「市と市民(団体)のつながりをつくる」という所に重点を置いてみてはいかがかと思う。
  • 思うこと、考えさせられること、感じることが多々あった。また、運動を広げる、深める、賛同者を増やすにはどうすればいいかなどを話すため、後日、改めて参加者の方に会うことができた。


 

お問い合わせ先

市民生活部 市民協働推進室 

電話番号:095-829-1125

ファックス番号:095-829-2925

住所:〒850-0022 長崎市馬町21-1

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ