ここから本文です。

がんばれ!スコットランド

更新日:2019年9月1日 ページID:033355

ホッとトーク

  ラグビーワールドカップは、オリンピック、サッカーワールドカップと並んで、「世界三大スポーツイベント」と呼ばれます。その世界的なイベントが、9月20日から11月2日まで、アジアで初めて、日本で開催されます。
 ポスターに書かれているキャッチコピーは「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」
 ラグビーファンでなくても、“世界”を近くに感じることができる貴重な機会です。一生に一度の共有体験を、みんなで楽しみたいと思います。

スコットランド代表チーム

世界レベルのプレーを間近で見るチャンス。

みんなで応援しましょう!

 ご存じのかたが多いと思いますが、このラグビーワールドカップに出場するスコットランドチームが9月10日に長崎にやって来てキャンプをしてくれることになっています。
 4年前のイングランド大会の際に、「日本大会のときは長崎でキャンプを」とスコットランドチームにお願いをしました。すると、「グラバーさんのご縁ですね。分かりました。長崎でキャンプをしましょう」と即答してくれました。あまりにも返事が早すぎて、「ありがとうございます。でも返事は、練習会場や施設を確認してからにしてください」とこちらからお願いするほど、好意的な対応でした。
 そして、その通りに数カ月後にはトップメンバーが長崎を視察に訪れ、「施設はパーフェクトです」という、うれしい答えをもらいました。そして、全国の中でも圧倒的に早い一番乗りでキャンプ地が決まったのです。
 それから4年。長崎に何度も足を運んでくれ、子どもたちのためのラグビー教室を開いたり、市立の全小中学校にラグビーボールをプレゼントしてくれたり、中学生のラグビーチームが相互に訪問して試合をしたりして、長崎とスコットランドラグビー協会は交流を深めてきました。「すべては子どもたちのために」という長崎県ラグビーフットボール協会が掲げたスローガンの通りの交流を実践してきたのです。
 この4年間の交流を通して、私が強く感じているのは、スコットランドの皆さんの素朴で信頼できる人柄です。きっとグラバーさんも持っていたスコットランド人の気風だと思います。だからこそグラバーさんは幕末の志士たちから熱い信頼を得たのではないでしょうか。そんな気がします。

 もしあなたが遠い国で開かれるワールドカップに参加する選手だとしたら、その国の人たちに応援の声を掛けられたらどうでしょうか。きっととてもうれしい気持ちになると思います。
 実はスコットランドと日本は予選リーグで同じ組。10月13日には日本対スコットランドの試合があります。日本を応援する気持ちは当然ですが、長崎だけは、スコットランドも応援しましょう!
 がんばれニッポン! がんばれスコットランド!
 もし選手たちを街で見かけたら声を掛けてください。合言葉は「ナガサキ、ヨカバイ!」です。それはきっとグラバーさんが残してくれた友情の種を未来に向けて育てることになるでしょう。

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く