ここから本文です。

福地茂雄さん

更新日:2018年1月1日 ページID:030632

ホッとトーク 長崎伝習所「自分新化講座」は、一人のプロデューサーが、自分の交友関係の中から「この人の話を長崎の人に聴かせたい」と思う人を5人紹介し、自分を含め、6人の講師が講演するという、1シーズン計6回の講座です。これまで5シーズン開かれ、なんとそのうちの3回もプロデューサーを務めていただいたのが福地茂雄さんです。
 福地さんは福岡県北九州市のご出身で、長崎大学経済学部卒業後、アサヒビールに就職され、社長や会長を務められました。その後、NHK会長や新国立芸術劇場の理事長を務められるなど幅広く活躍してこられました。
 福地さんが紹介してくださる講師のかたは、トヨタの張富士夫さん、JR九州の唐池恒二さんのような財界関係から、華道家の假屋崎省吾さんやバレリーナの吉田都さんのような文化関係のかたまで実に豪華で幅広いラインナップです。長崎に居ながらにして、毎回素晴らしいお話を聴かせていただきました。
 15人の皆さんに薄謝での講演を引き受けていただけたのは、講師の皆さんが福地さんとの交友を大切に思っておられるからこそです。福地さんご自身も講師の方々を大切にしておられ、毎回必ず東京から来て講師の紹介をご自身でされました。
 昨年11月の終わりには、今シーズン最後の講座がありました。講師はプロデューサーの福地さんご自身です。タイトルは「お客様満足を求めて」。大きな変化の時代に生きる私たちに、今回も大切な示唆を与えてくれました。言葉が平易で、しかもご自身の体験を入れながら具体的にお話しされるので、言葉が自然に心や体に沁みてくるようでした。福地茂雄さん
  * * *
 「長年おられたビールの会社から突然、放送局の会長になられて、劇場の理事長もされました。どうしてそんなに違う業種のトップがすぐに務まるのですか?」と福地さんに尋ねたことがあります。答えは「そんなに難しくないんですよ。私にとっては『お客様満足』を求めるのはどれも同じですから」というものでした。お客様満足を、長年にわたって徹底して求め続けてこられたからこそ達することができた境地なのでしょう。
 NHKが不祥事で批判にさらされ窮地にあった中で会長に就任され、すぐさま国会に招致された時のことを思い出します。テレビに映る福地さんはいつもどおりの落ち着いた福地さんでした。
 NHKの会長を務められたのは1期3年。多くの人の留任を望む声を受けながら退任された時、NHKの廊下や階段やロビーに多くの職員の皆さんが出て、大きな拍手に包まれたと聞きました。それは前代未聞の光景だったそうです。
  * * *
 福地さんが長崎に住まれたのは大学時代の数年だけです。そのご縁から、今も長崎を応援し続けていただいていることに感謝せずにはいられません。「長崎は幸せなまちだ」と思う理由の一つです。

お問い合わせ先

秘書広報部 広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く