ここから本文です。

アメリカ大統領就任に関する市長コメント【2021年1月21日】

更新日:2021年1月21日 ページID:036025

 米国大統領の就任式が行われ、民主党のジョー・バイデン氏が第46代大統領に就任されました。
 「核兵器なき世界」の理念を継承するバイデン大統領には、世界に大きな影響力を持つアメリカ合衆国の核政策を見直すとともに、世界の核軍縮の進展に向け主導的役割を果たされることを大いに期待しています。
 折しも、明日1月22日は、「核兵器はなくすべきだ」という人類の意思を明確にした「核兵器禁止条約」が発効し、核兵器廃絶への新たな一歩を踏み出します。
 バイデン大統領の就任と核兵器禁止条約の発効を契機に、核兵器廃絶への世界の潮流がさらに勢いを増し、「核兵器のない世界」の実現に向け着実に歩みを進めることを望みます。
 そのためにも、世界のリーダーであるバイデン新大統領には、ぜひ長崎を訪問していただき、核兵器が人類に何をもたらしたのかを知り、「長崎を最後の被爆地に」という被爆者、被爆地の切なる思いを受け止めていただきたいと思います。

令和3年1月21日

       長崎市長
田上 富久

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ