ここから本文です。

長崎のソウルフード トルコライスを食べよう!

更新日:2016年12月12日 ページID:023477

「トルコライス」は長崎で生まれて50有余年。ピラフ、スパゲティ、トンカツなどが一皿に盛られた、ボリューム満点の贅沢メニュー。

「私のイチオシはここ!」と、こだわっている方も多いのでは?また、バリエーションも豊富で各店独自のアレンジが光る一品。

ちゃんぽん、皿うどんと同じく、長崎市民のソウルフードなのです!

トルコライス
長崎市民のソウルフード 「トルコライス」

なぜ「トルコライス」? ~ネーミング有力説~

1.トリコロール説

カツ・ピラフ・ナポリタンの3種類を、赤、白、青3色のトリコロールカラーに重ね合わせた説。トリコロールが転じて「トルコ」になった。

2.店名説

昭和中期に長崎市鍛冶屋町にあったといわれる「レストラン トルコ」にその原形となる料理があり、それが流行ったという説。

3.トルコブーム説

神戸港にトルコ海軍が入港したり、トルコと名がつく歌が流行ったりと、日本でトルコがちょっとしたブームになった説。

4.トルコ料理説

長崎市の洋食店「ボルドー」のオーナー植原さんのお父さんが、神戸の将校倶楽部で働いていた時、トルコ料理の「ピラウ(サフランの炊き込みご飯)」をヒントに考案した説。

5.国の位置説

ナポリタンがイタリア、チャーハンが中国で、中間地点にあるカツをトルコと見たてた説。

お問い合わせ先

水産農林部 水産農林政策課 

電話番号:095-820-6562

ファックス番号:095-827-6513

住所:長崎市金屋町9-3(金屋町別館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ