ここから本文です。

スーパーなどの商品内容量の検査(商品量目立入検査)

更新日:2022年11月24日 ページID:038862

計量法第148条第1項に基づき実施するもので、スーパーなどのお肉や魚、総菜などのパック売りの商品について、表示されたとおりの内容量となっているか立入検査を行います。

内容

  1. 検査員(市職員)が直接お店に出向き、売り場のパック売りのお肉や魚、総菜などをいくつか選びます。
  2. 商品のラベルに表示されている内容量を確認します。
  3. トレーやラップ、吸水紙などの内容物以外のもの(「風袋(ふうたい)」といいます。)を除いた内容物そのものの重さを実際に計量します。
  4. ラベルの表示量と実際の内容物の重さを比較し、一定量以上の誤差があった場合は原因の究明と是正の指示を行います。

商品量目_検査画像

よくある内容量不足の原因

風袋の重さがしっかり引かれていなかった

トレーやラップなど内容物以外のもののことを「風袋(ふうたい)」といいますが、「内容量」にこの風袋の重さは含めません。
通常お店で商品ラベルを作成する際は、トレーに入れられた状態の商品の重さを量り、そこからトレーの重さを差し引いた重さを「内容量」としています。

ところが下の図のように、内容量「200g」と表示されたお肉を量ってみると実際には「170g」しかなかったというケースがあり、これはラベルを作成する際に、風袋の重さ「30g」がしっかり引かれていなかったことが原因です。

商品と風袋

(↑「内容量200g」と書かれていたら当然お肉だけで200g入ってなきゃ納得いかないですよね・・・)

水分の蒸発

青果などは商品棚に陳列後時間が経つと水分が蒸発してしまう(ラップをしていても!)ことがあるため、このような商品で内容量が表示より少なかったという場合があります。

はかりの設置環境についての注意不足

水平でない場所や、エアコンの風や近くに置いてある機械の振動を受けやすい場所では正確な計量ができません。このような場所にはかりを設置して計量を行っていたため、内容量に誤差が生じていたという場合があります。

その他

計量を行う際に、はかりに自分の衣服やまわりに置いていた物が触れているのに気付かずに計量してしまったケースや、誤って違う商品のラベルを貼っていたケースなどもあります。

検査実績・結果

令和4年度

中元期

  1. 検査期間  令和4年7月5日(火)~7月14日(木)
  2. 検査事業所数  17事業所(東部地区)
  3. 検査結果
部門 検査個数 適正個数 適正率
精肉 178 176 98.9%
鮮魚 189 179 94.7%
青果 174 171 98.3%
総菜 160 150 93.8%
合計 701 676 96.4%

歳末期

令和4年12月頃実施予定

令和3年度

中元期

  1. 検査期間  令和3年7月15日(木)~7月30日(金)
  2. 検査事業所数  17事業所(東部地区)
  3. 検査結果
部門 検査個数 適正個数 適正率
精肉 239 234 97.9%
鮮魚 235 232 98.7%
青果 243 223 91.8%
総菜 215 215 100%
合計 932 904 97.0%

歳末期

  1. 検査期間  令和3年12月1日(水)~12月17日(金)
  2. 検査事業所数  13事業所(南部地区)
  3. 検査結果
部門 検査個数 適正個数 適正率
精肉 163 163 100%
鮮魚 189 184 97.4%
青果 150 145 96.7%
総菜 195 189 96.9%
合計 697 681 97.7%

お問い合わせ先

市民生活部 消費者センター 

電話番号:095-829-1500

ファックス番号:095-829-1511

住所:〒850-0877 長崎市築町3番18号(メルカつきまち4階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ