ここから本文です。

【新規】令和3年度長崎市「平和の文化」事業認定制度の対象事業を募集します

更新日:2021年6月11日 ページID:036852

平和のために私たちにできることはたくさんあります。
自分が好きなスポーツや音楽などを通して、平和への思いを表現することもその一つですし、
文化や風習の違う人たちと交流して、お互いの理解を深めることもできることの一つです。
たとえ小さな行動であっても、たくさん集まれば、やがて世界をも動かす大きな力になります。
平和をつくるために、一歩を踏み出してみませんか。あなたの取組みを認定します。

チラシはこちら

事業概要

  被爆75周年の節目の年が終わり、悲願であった「核兵器禁止条約」が発効した今年は、次の大きな区切りである被爆100周年に向けた新たなスタートの年です。
 被爆者のいない時代が到来しても、被爆地長崎が歩みを止めずに前進し続けるためには、国内外の多くの人びとが平和を後押しする潮流をつくっていく必要があります。
 そこで、これまで重点的に取り組んできた「被爆の実相の継承」と「核兵器廃絶の推進」の2つの柱に加え、新たな3つ目の柱として、より多くの人が気軽に平和について考えられるよう、スポーツや芸術などを入口として、日常の中に「平和の文化」を根付かせていく「平和の文化の醸成」に取り組みます。
 そしてこの取組みの一つとして、「平和の文化(※)認定制度」を創設し、スポーツや芸術など自分の興味がある分野を入口に、平和への思いを発信する事業を認定します。
(※)平和の文化…スポーツ、文化等の様々な入口を通して、多くの人々が当事者として平和について考え、行動し、平和の輪を広げること

対象事業

1~3のいずれにも該当するもの
1.関心がある分野を入口に、身近なところから平和を考える事業
2.小さな行動であっても平和につながると感じられる事業
3.多くの人々に平和を発信する事業

(例)
・スポーツ…試合などの際に、平和のメッセージを発信するもの など
・芸術…音楽コンサートや美術展などで、平和を発信するもの など
・その他…国際理解・協力の事業を通して、平和を考えるもの など

認定事業のメリット

・「平和の文化」事業認定書を交付
・事業PR支援(市ホームページへの掲載、マスコミへの情報提供など)
・原爆資料館ホール利用料の一部減免 など

申請に係る書類

対象事業に該当する場合は、以下の申請書類を提出してください。
1.長崎市「平和の文化」事業認定申請書(第1号様式)
2.事業等に係る計画書
3.その他市長が必要と認める書類
  ・収支予算書※来場者から料金を徴収する場合等のみ
  ・前年または過去の活動状況を示す資料(チラシ・実績報告書(決算書含む)・新聞記事など)
※2、3の様式は任意です。

申請方法

申請書類を揃え、平和推進課まで持参または郵送してください。
※申請書類は、A4サイズで1部をご提出ください。

1.受付時間 
 8:45~17:30
   (ただし、持参の場合は土曜日・日曜日・祝日は除く)

2.申請書類の提出先及び問合せ先等  
   申請書類の提出及び問合せは、平和推進課にお願いします。 
 〒852-8117 長崎市平野町7-8 原爆資料館内
 長崎市平和推進課 担当 佐藤あて
   電話(095)844-9923 FAX(095)846-5170

お問い合わせ先

原爆被爆対策部 平和推進課 

電話番号:095-844-9923

ファックス番号:095-846-5170

住所:長崎市平野町7-8(長崎原爆資料館内)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「平和関連事業」の分類

ページトップへ