ここから本文です。

高齢者等肺炎球菌予防接種(定期接種)について

更新日:2022年8月4日 ページID:026157

高齢者等肺炎球菌予防接種(定期接種)

長崎市では、令和4年度の高齢者等肺炎球菌予防接種を4月1日より、次のとおり実施しています。

肺炎球菌とは

肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれる細菌で、唾液などを通じて飛沫感染し、気管支炎や肺炎、敗血症などの重い合併症を引き起こすことがあります。肺炎はわが国の死亡原因の第5 位となっています。また、日常的に生じる成人の肺炎のうち1/4~1/3は肺炎球菌が原因と考えられています。 

【厚生労働省】肺炎球菌感染症

肺炎球菌ワクチンとは

肺炎球菌には90種類以上の血清型があり、定期接種で使用される「23 価肺炎球菌ワクチン(一般名:23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン、商品名:ニューモバックス NP)」は、そのうちの23 種類の血清型を予防の対象としたワクチンです。この23 種類の血清型は、成人侵襲性肺炎球菌感染症の原因の約6 割~7割を占めるという研究結果があります。

令和4年度の実施期間

令和4年4月1日~令和5年3月31日 

令和4年度の定期接種対象者

  • 次に該当する方で前回対象時に未接種の方  (今年度の対象者へは、勧奨はがきを発送しています。)

   昭和32年4月2日生~昭和33年4月1日生 (65歳)

   昭和27年4月2日生~昭和28年4月1日生 (70歳)

   昭和22年4月2日生~昭和23年4月1日生 (75歳)

   昭和17年4月2日生~昭和18年4月1日生 (80歳)

   昭和12年4月2日生~昭和13年4月1日生 (85歳)

   昭和 7年4月2日生~昭和 8年4月1日生 (90歳)

   昭和 2年4月2日生~昭和 3年4月1日生 (95歳)

   大正11年4月2日生~大正12年4月1日生 (100歳)

  • 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方

※ただし、過去に肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)を接種したことがある方は定期接種の対象とはなりません。

助成回数

定期接種時に1回のみ

接種料金

2,000円(接種の際に医療機関の窓口でお支払いください。)

※なお、対象となる方のうち、次の1から3のいずれかに該当する方は、接種を受ける際に各種証明書を医療機関へ持参すると接種料金が無料になります。

1.市民税非課税世帯の方
○4月~5月に接種される方→令和3年度の世帯主の市民税非課税証明書(写し可)
○6月に接種される方→令和3年度または令和4年度の世帯主の市民税非課税証明書(写し可)
○7月~3月に接種される方→令和4年度の世帯主の市民税非課税証明書(写し可)
※接種者本人または世帯主の後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証または介護保険負担限度額認定証をご持参の方はそれぞれの写しでも可

非課税証明書の発行についてはこちらのページをご覧ください。

2.生活保護受給世帯の方
長崎市福祉事務所公費負担診療依頼証 

3.中国残留邦人等に対する支援給付の支給決定がされている方
中国残留邦人等本人確認証

実施場所

お近くの医療機関

※医療機関への予約が必要です。接種を受ける際は、はがきを医療機関へ提出ください。

ただし、一部の医療機関では実施しておりませんので、ご希望の医療機関に事前にお問合せください。

予防接種を受ける方へ

予防接種を受けに行く際には、次のことを心がけてください。

なお、高齢者等肺炎球菌予防接種は、新型コロナウイルス感染症を予防できるものではありません。

1.人の密集を避けるため、必ず事前に予約を入れること。

※特に基礎疾患のある方は、かかりつけの先生とよく相談し、予防接種を受けるか判断してください。

2.熱があったり、咳をしている場合は、予防接種を受けに行くのは控えること。

3.手指消毒や手洗いを励行し、できる限りマスクを着用すること。

4.自宅に帰ったら、すぐに手洗い・うがいをしましょう。

関連情報

お問い合わせ先

市民健康部 地域保健課 

電話番号:095-829-1153

ファックス番号:095-829-1221

住所:〒850-8685 長崎市桜町6-3(別館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ