ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症について

更新日:2020年3月22日 ページID:026081

新型コロナウイルス感染症について

中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が報告されて以後、国内外での発生状況など、現在、厚生労働省が中心となり必要な情報の収集・公表を行っています。
詳細は、厚生労働省をはじめ関係官庁の関連リンクをご覧ください。

現在、我が国において新型コロナウイルス感染症は、感染症法に基づく「指定感染症」に指定され、また、検疫法に基づく「検疫感染症」に指定されています。

新型コロナウイルス感染症の現時点で把握している特徴【3月28日時点】(厚生労働省)
<感染の仕方>
 一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。
集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、特に1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、2.密集場所(多くの人が密集している)、3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)という3つの条件が同時に重なる場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。
 世界保健機構(WHO)によると、現時点において潜伏期間は1~14日(一般的には約5日)とされており、また、厚生労働省では、これまでの新型コロナウイルス感染症の情報なども踏まえて、濃厚接触者については14日間にわたり健康状態を観察することとしています。
<一般的な症状と重症化するリスク>
 発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多くなっています。季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなることが報告されています。
※新型コロナウイルス感染症の入院期間(中央値):11日間(中国における報告)
   季節性インフルエンザ:3日間
 
罹患しても約8割は軽症で経過し、治癒する例も多いことが報告されています。一方、重症度は、季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高いことが報告されています。特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高いことも報告されています。

※確定患者の致死率2.3%、中等度以上の肺炎割合18.5%(中国における報告)(季節性インフルエンザ:致死率0.00016%~0.001%程度、肺炎割合1.1%~4.0%)
※年齢ごとの死亡者の割合:60歳以上の者6%、30歳未満の者0.2%(中国における報告)
飛沫感染 : 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染 : 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

専門家会議の見解や国の方針など

「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(令和2年4月1日) 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議

「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(3月28日) 政府の新型コロナウイルス感染症対策本部

「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言(3月19日)」 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議

「新型コロナウイルス感染症対策の見解」(3月9日)  新型コロナウイルス感染症対策専門家会議

「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」(令和2年2月25日)  厚生労働省

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた専門家の見解(2月24日)  新型コロナウイルス感染症対策専門家会議

<新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために>  厚生労働省

「新型コロナウイルス対策のための全国調査にご協力ください」 厚生労働省✕LINE

詳しくは、こちらのURLからご確認ください。⇒ https://guide.line.me/ja/coronavirus-survey.html 

厚生労働省の報道発表⇒ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10575.html

最新の対応状況

長崎市民の皆さんへ(市長メッセージ)

新型コロナウイルス感染症対策について、市長が全員協議会で説明しました

長崎市立小中学校および市立長崎商業高等学校の対応

イベント等の中止・延期および施設の休館等の対応方針のお知らせ

新型コロナウイルス感染症により影響を受けている事業者の方へ

自治会における新型コロナウイルス感染症に係る対応について

新型コロナウイルス感染症に感染した方等に対する傷病手当金の支給

国民健康保険 新型コロナウイルス感染症に係る各種取り扱いについて

そのほか市からのお知らせ(市民生活/福祉・健康/子育て・学び/事業者/外国人のかた向け)

長崎市内の検査状況

新型コロナウイルス感染症の長崎市内・県内の発生状況

市民のみなさまへ

市民のみなさまにおかれましては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、お一人お一人の咳エチケットやこまめな手洗いなどの励行がとても重要となります。普段から心掛けて感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

 <一般的な感染症予防策> <咳エチケット> <手洗いで感染症予防

 <新型コロナ いま、拡げないために>   <3つの「密」を避けましょう>

新型コロナウイルス感染症を防ぐには(PDF形式 731キロバイト)

新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いします(ポスター)
※印刷して、職場や自宅などの掲示にご活用ください。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安 

(厚生労働省:令和2年2月17日時点)

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと
○ 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
○ 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

2.帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安
【一般の方】次のいずれかに該当する方は、同センターに御相談ください。
 ・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様)
 ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
【重症化しやすい方】 次のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、同センターに御相談ください。
 ・ 高齢者
 ・ 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
 ・ 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
【妊婦の方】
 妊婦の方は、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに同センターに御相談ください。
【お子様をお持ちの方】
 小児は、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、一般の方の目安どおりの対応をお願いします。

 なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い 

○ 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
○ 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

同センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

医療機関のみなさまへ

一般の医療機関のみなさまへ

PCR検査の対象は、原因不明の肺炎で重症化が疑われる症例が主体となります。特に、高齢者の方、糖尿病・心不全、透析等の基礎疾患がある方、 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いてる方、妊婦の方等、ハイリスクと考えられる方への対応にはご注意いただき、 該当症例と考えられる場合につきましては、長崎市帰国者・接触相談センターへご相談ください。

新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関、検査機関の方へ)をご確認ください。
※院内感染対策については、下記の国立感染症研究所へのリンクをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の行政検査(ウイルス検査)の対象者
(令和2年2月27日時点)

1. 発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状を有し、かつ新型コロナウイルス感染症確定患者との濃厚接触があるもの
2. 発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状を有し、かつWHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域に渡航あるいは居住していた者、又はWHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域に渡航あるいは居住していた者と濃厚接触歴がある者
3. 発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状を有し、かつ入院を要する肺炎が疑われる者(特に高齢者又は基礎疾患があるものについては、積極的に考慮する)
4. 症状や新型コロナウイルス感染症患者の接触歴の有無など医師が総合的に判断した結果、新型コロナウイルス感染症と疑う者
5. 新型コロナウイルス感染症以外の一般的な呼吸器感染症の病原体検査で陽性となった者であって、その治療への反応が乏しく症状が増悪した場合に、医師が総合的に判断した結果、新型コロナウイルス感染症と疑う者

※現時点で厚生労働省が定める「WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域」は、
中華人民共和国湖北省及び浙江省、大韓民国大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡及び軍威郡、サンマリノ共和国、アイスランド共和国、アイルランド共和国、アンドラ公国、イタリア共和国、エストニア共和国、オーストリア共和国、オランダ王国、スイス連邦、スウェーデン王国、スペイン王国、スロベニア共和国、デンマーク王国、ドイツ連邦共和国、ノルウェー王国、バチカン、フランス共和国、ベルギー王国、ポルトガル共和国、マルタ共和国、モナコ公国、リヒテンシュタイン公国、ルクセンブルク大公国並びにイラン・イスラム共和国とする。
(令和2年3月27 日)


【新型コロナウイルスの感染の有無を調べる検査(PCR検査)の保険適用について】
このことについて、3月6日から保険適用となりましたが、検査可能な医療機関は、今後県が委託する医療機関に限られています。県民の皆様におかれては、新型コロナウイルスの感染を疑う場合は、引き続き保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」にご相談いただきますようお願いします。(長崎県HPより)

相談窓口

電話番号 受付時間
長崎市新型コロナウイルス感染症一般相談窓口
(令和2年1月24日設置)
095-829-1153 毎日9時00分~17時30分
受診の目安をご確認いただき、症状が重い緊急時には夜間も対応いたします。
長崎市帰国者・接触者相談センター
(令和2年2月7日設置)
095-801-1712
(FAX)095-829-1221
新型コロナウイルスに係る
厚生労働省電話窓口
0120-565653
(フリーダイヤル)
毎日9時00分~21時00分

「長崎市帰国者・接触者相談センター」では、相談内容から新型コロナウイルス感染症の疑いがあると判断した場合、その方へ適切な診察を行う「帰国者・接触者外来」への受診調整を行っております。
なお、新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談を行いたい方は一般的な相談窓口へご連絡下さい。

聴覚に障害のある方、電話でのご相談が難しい方の相談窓口(ファックス)

ファックス番号 受付時間
聴覚に障害のある方、電話でのご相談が難しい方の相談窓口(厚生労働省) 03-3595-2756 毎日9時00分~21時00分

その他詳しい内容  (関連リンク:随時更新)

厚生労働省

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方へ)

新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方へ)

新型コロナウイルスに関するQ&A(企業(労務)の方へ)

新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方へ)

新型コロナウイルスに関するQ&A(発生状況や行政の対応)

新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方へ)

感染症情報 (随時トピックス欄に掲載されます。)

厚生労働省検疫所による情報提供

(厚生労働省からの注意喚起)新型コロナウイルスを題材とした攻撃メールにご注意ください。

国立感染症研究所

コロナウイルスに関する解説及び中国で報告されている原因不明の肺炎に関連する情報

内閣官房

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について

首相官邸

新型コロナウイルス感染症対策本部会議

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~

外務省

外務省 海外安全ホームページ

長崎県

新型コロナウイルス感染症について

長崎大学病院

医療従事者向け

~医療従事者が新型コロナウイルス感染症に感染しないために~(クリックすると動画につながります)

福祉・介護施設向け

~新型コロナウイルス感染症の特徴~(クリックすると動画につながります)

~感染患者さんを早期にみつけるための注意点~(クリックすると動画につながります)

~感染対策とその注意点~(クリックすると動画につながります)

お問い合わせ先

市民健康部 地域保健課 

電話番号:095-829-1153

ファックス番号:095-829-1221

住所:長崎市桜町6-3(別館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ