ここから本文です。

休業中の事業所や住宅の火災予防について

更新日:2020年4月20日 ページID:034510

 新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の発令に伴い、普段と異なる生活形態となることが多くなりますので、次の内容に留意いただき、火災予防にご協力をお願いします。

休業中の事業所や住宅の火災予防について

(1)火気・電気の確認

 ガスの元栓の閉鎖、電気配線の状況など(じゅう器等に挟まれて過度な荷重が加わっていないかなど)の確認、使用していない電気器具の電源プラグを抜くなど、火気・電気の適正な管理を徹底してください。電気

(2)放火防止の徹底

 事業所の施錠を確実に行とともに、事業所(建物)周囲にダンボール等の可燃物を放置しないなど、放火防止対策を徹底してください。

放火

(3)避難施設の維持管理

 〇避難口、廊下、階段、通路などに物品を放置しないでください。

 〇防火戸や防火シャッターに動作の支障となる可燃物などを放置しないでください。

家庭の火災予防について

(1)火気取扱い時の注意

  ア、火気使用時は、その場を離れないでください。

コンロ1

  イ、コンロの周囲の整理整頓を心掛けてください。

こんろ2

(2)放火防止

  家の周囲の可燃物は除去し、ゴミなどを屋外に放置しないでください。

ほう2

お問い合わせ先

消防局 予防課 

電話番号:095-822-0429

ファックス番号:095-829-1067

住所:長崎市興善町3番1号 (消防局・中央消防署)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ