トップ > グリーンツーリズムとは

グリーンツーリズムとは

 都市部に住む人たちが自然豊かな農山漁村地域などに滞在し、様々な体験を通じ、現地の人たちと交流を図りながら、自然・文化に触れ、人・地域と一緒に楽しむ新しいスタイルの滞在型余暇活動を総称した呼び名です。
 長崎市のグリーンツーリズムは、現在、外海(大中尾・池島含む)・琴海・野母崎・高島の4つのエリアで、6つの団体が各種体験の受け入れを行っています。
 体験とひと口に言っても、地域や各団体によって様々あり、「農業」・「漁業」・「料理」・「工芸」などに分けられますが、その他、農漁村での生活を体験する「体験民宿」もあります。

グリーンツーリズムの楽しみ方

 各地域の体験を通じ、その地域の自然を感じ、地域を巡ることで色々な人に出会い、話を聞き、ふれあい、文化や歴史、地域の風土を知ることが出来ます。
 そこで、この体験がやってみたいから参加しよう♪というのも楽しいと思います。しかし、せっかくその地域に足を運ぶのであれば、地域を丸ごと満喫したらより楽しいのではないでしょうか。

 ・気になる体験プログラムがあったら… 受入先にお電話してみましょう。
 ・気になるエリアはあるけど、どの体験が良いか迷ったら…
  各エリアの各団体の連絡先にお電話して相談してみましょう。

 ※各体験プログラムには、事前にご準備いただくものが必要な場合もあります。
  詳しくは、お問い合わせの際にご確認下さい。

体験民宿とは?

 各地域の自然・文化・人々との交流を楽しむ施設として、訪れる方に様々な体験を提供し、宿泊していただく施設です。
 施設と言っても、普通の農漁家が旅館業法の緩和措置を受けて許可を取得した施設や、民宿が体験していただくことを中心に運営するものなので、通常の旅館や民宿とは趣が違います。まるで、親戚が来たかのように迎え、それぞれのエリア・お家で過ごしていただきます。

 - 田舎の家に泊まりに行く感覚でお越しください。-

 体験民宿には、寝具の準備はありますが、パジャマ・タオル・洗面道具等は各自後準備下さい。食事も、家族同様に一緒に作り、同じ食卓で、みんなで一緒にいただくのが基本です。