緊急情報

新手の「当選商法」に注意!-海外宝くじに類似したダイレクトメール-

平成22年12月22日

(相談事例)

海外から、「あなた宛てに、匿名の寄付者からあるものをお預かりしています」という手紙とともに、「鍵」が届いた。あるものとは、遺贈される無記名債券や宝飾品を保管している箱のことで「鍵」はこの箱を開くためのものだという。また、「支払い保証済み当選賞金10億円」とも書いてある。財産譲渡を受けるため、必ず添付の『財産譲渡受諾書』に住所、氏名、電話番号、クレジットカード情報などを記入し、返送して下さいとなっているが、信用できるか?

◆消費者センターからのアドバイス◆

・うまい話が見ず知らずの業者から届くことはありません。

・そもそも応募していないのに「当選した」という話はありません。

・クレジットカード番号は教えない。

 多額の不正利用に使われる危険もあります。

・トラブル防止のため、高齢者に送られるDMには周囲も注意しましょう。

・いずれにしても、身に覚えがない不審なダイレクトメール信用しないで無視するようにしましょう。

消費生活相談窓口 交通アクセスへ