緊急情報

「水質に問題がある」「排水管が汚れている」・・・点検商法にご注意を!!

平成23年6月1日

◆相談事例① ~市水道局職員をかたる悪質商法~

  水道局の職員を名乗る若い男性が台所の水を検査すると言って訪れた。コップの水に薬品を入れ、「薄いピンク色になった。サビが出ている証拠!70万円の貯水槽を購入して下さい!この辺りの家はみんな工事している!」と勧められた。

 

◆相談事例②

  近所で工事をしているという業者が挨拶に来た。ついでにと排水管の点検をして「汚れていてこのままでは吹き出るから1万円で清掃します」と言われたため、清掃を依頼した。後日床下の点検にも伺いますと言って帰って行った。

 

★消費者センターからのアドバイス

1.業者の説明を鵜呑みにしない!(水道局が商品を販売することはありません!)

2.業者名・連絡先を確認しましょう!

3.訪問販売の場合、書面を受け取った日から8日間はクーリング・オフ(無条件解約)ができます

4.不審な勧誘があった場合には、その場で契約せず、家族や知人に相談するなど十分に検討しましょう!

 

※おかしいなと思ったときは、すぐに消費者センターにご相談ください。

消費生活相談窓口 交通アクセスへ