ここから本文です。

交流の産業化リーディング事業費補助金

更新日:2018年6月4日 ページID:031331

平成30年度「交流の産業化リーディング事業費補助金」の募集について

目的

長崎市の人口減少の克服と地方創生の実現を目的とした「長崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略」においては、長崎市の強みである有形・無形の地域資源を活かし、観光をはじめとした「人」の交流によって経済を活性化させるため、「交流の産業化」をキーワードに「人を呼ぶまち」から「人を呼んで栄えるまち」へという方向性を定め、特定戦略「『交流の産業化』による長崎創生」の推進により地方創生の実現をめざしています。
長崎市では平成28年度から「交流の産業化応援補助金」により、交流の産業化の推進に資するまちづくりの様々な担い手による自主的かつ主体的なチャレンジを支援してきました。
「『交流の産業化』による長崎創生」の芽は着実に生まれつつあり、今年度はさらにこのような芽を成功事例として創出するリーディング事業として顕在化させるため、「交流の産業化リーディング事業費補助金」により、民間事業者等の取組みを支援します。

【参考】長崎市まち・ひと・しごと創生

制度の内容

(1)対象者

市内に事業所を有する法人又は団体
※ただし、営利を目的とする法人等にあっては、異なる法人等と連携して補助対象事業を行う場合に限る。

(2)補助対象事業

・総合戦略に規定する顧客創造プロジェクトに資する事業
・総合戦略に規定する価値創造プロジェクトに資する事業
※詳しくは、長崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略をご確認ください。

(3)募集テーマ

(2)補助対象事業に該当し、かつ以下のテーマに沿った事業
1.外国人観光客の地域消費拡大に資する事業
2.宿泊観光客の増加に資する事業
3.長崎市全体の消費拡大につながる交流エリアの拡大に資する事業
4.ユニバーサルツーリズムに対応した観光地づくりに資する事業
※詳しくは募集要項をご確認ください。

(3)補助金の額

補助対象事業に要した補助対象経費の合計額の4分の3を乗じて得た額(1,000円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)

(4)補助限度額

1件あたり年間200万円

(5)補助対象期間

最長2カ年度

募集要項

平成30年度交流の産業化リーディング事業費補助金募集要項 をご確認ください。

対象事業期間

平成30年9月中旬~平成32年3月

募集締切

平成30年8月10日(金曜日)
※事前相談を随時受け付けています。

応募書類

1 長崎市交流の産業化リーディング事業計画書(第1号様式)
2 長崎市交流の産業化リーディング事業収支予算書(第2号様式)
3 長崎市交流の産業化リーディング事業計画書・収支予算書【内訳書】
4 長崎市交流の産業化リーディング事業連携表明書
※4は、営利を目的とする法人等が異なる法人等と連携して補助事業を行う場合に必要です。
5 その他必要書類(募集要項をご確認ください)

補助金の対象経費

補助事業の対象となる経費は、次のうち、提案事業の実施に直接必要となるものとします。

・賃金(臨時的に雇用したパート・アルバイト賃金)
・報償費(講師・委員等謝礼金)
・旅費(宿泊費及び旅費)
・需用費(消耗品費、印刷製本費、光熱費、修繕費)
・役務費(通信運搬費、保険料、広告料、手数料)
・委託料(外注費)
・使用料及び賃借料(会場使用料、賃貸借料)
・備品購入費(備品購入費、機械器具費)
・工事請負費(建物、工作物等の工事請負費)
・原材料費(製品製造等に必要な原材料費)
・その他

お問い合わせ先

企画財政部 長崎創生推進室 

電話番号:095-829-1355

ファックス番号:095-829-1112

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館4階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「計画・取組み」の分類

ページトップへ