ここから本文です。

「生まれ変わる長崎」の情報を市長がお届け!

更新日:2017年9月1日 ページID:027095

市長が市政の情報を分かりやすくお伝えします

市っトクながさき

「なんでんカフェ」(長崎ケーブルメディア)の市政情報コーナー「市っトクながさき」に市長が出演して、市の主な事業を紹介しています。(毎月最終金曜日)

動画を見る

「田上市長に聞く~被爆から72年~核兵器のない世界を目指して~」(2017年8月25日放送)

主な内容

被爆から72年が経った今年、核兵器の廃絶に向けた大きな出来事が2つありました。
1つめは、7月7日に国連で、核兵器禁止条約が採択されたこと。
そして2つめは、平和首長会議の総会が、8月7日から10日の日程で、8年ぶりに長崎市で行われたことです。

動画はこちらからご覧になれます。

「田上市長に聞く~新しい市庁舎の設計がはじまります~」(2017年7月28日放送)

主な内容

建て替えの準備を進めている新しい市庁舎。
今後ワークショップなどを通じて、市民のみなさんの意見をお聞きしながら、設計を進めていきます。
平成31年度から建設工事に取りかかり、平成34年度中に完成する予定です。

動画はこちらからご覧になれます。

「長崎のまちがもっと魅力的になります~景観まちづくり刷新~」(2017年6月30日放送)

主な内容

長崎市は九州で唯一、国の取り組み「景観まちづくり刷新支援事業」のモデル地区に指定されました。。
平成29年度から31年度までの3年間、この制度を活用して、長崎ならではの景観を整備・刷新していきます。

動画はこちらからご覧になれます。

「ヨーロッパ訪問を振り返る」(2017年5月26日放送)

主な内容

田上市長は4月末から5月上旬にかけて、オランダとオーストリアの2か国を訪問しました。
オランダではライデン市などで、長崎とオランダのさらなる交流促進に向けた意見交換を。オーストリアのウィーンではNPT再検討会議準備委員会のNGOセッションでスピーチをしたり、各国政府代表らと面会するなど、核兵器廃絶と恒久平和への思いを強く訴えてきました。

動画はこちらからご覧になれます。

「~この秋から変わります!もっと地域を応援する市役所へ~」(2017年4月28日放送)

主な内容

10月から、現在の「支所」と「行政センター」はすべて「地域センター」とし、職員の拠点となる「総合事務所」を4か所に配置。
市域の現場をバランスよくカバーし、スピーディーに対応できるようになります。

動画はこちらからご覧になれます。

「平成29年度予算と取り組み~暮らしやすいまちを目指して~」(2017年3月30日放送)

主な内容

平成29年度は「暮らしやすさ」と「まちの基盤づくり」に重点をおいた取り組みを進めていきます。
子ども医療費助成拡大や保育料負担軽減など私たちの暮らしに密着した取り組みや、出島表門橋完成や、稲佐山のスロープカー工事などのまちを魅力的にする取り組みについて紹介します。

動画はこちらからご覧になれます。

「ネットワーク型コンパクトシティ長崎ってどんなまち?」(2017年2月23日放送)

主な内容

人口減や少子高齢化が進んでも、暮らしやすいまちを維持していくために、「ネットワーク型コンパクトシティ」とは、暮らしに必要な機能を集め、公共交通などのネットワークで市民が暮らしている地区と暮らしに必要な機能をつなぐことをいいます。
20年後も安全安心で暮らしていくために、準備を進めています。一緒にまちづくりについて考えましょう。

動画はこちらからご覧になれます。

「平成29年長崎市長新春対談」(2017年1月6日放送)

主な内容

2017年の長崎市の取り組みを市長がわかりやすく説明しています。
今年は遠藤周作氏が原作の『沈黙ーサイレンスー』の映画公開や、出島表門橋の架橋、平和首長会議の総会が開催されるなど話題が盛りだくさんです。
場所は『沈黙』の舞台といわれる外海の遠藤周作文学館からお届けしています。

動画はこちらからご覧になれます。

「2016年の長崎を振り返る」(2016年12月22日放送)

主な内容

2016年はみなさんにとってどんな年でしたか?
今回は今年の出来事などを振り返ります。今年は1月の大雪・大寒波に始まり、熊本地震や御船蔵町の土砂災害など災害について考えさせられる1年でした。
暮らしの面では子ども医療費助成の拡大や、ゴミの分別方法が変わりました。
明るい話題では、若者たちの活躍、ねんりんピック開催、出島6棟の復元建物完成など本当にたくさんのことがありました。
番組を見ていっしょに今年を振り返りましょう!

動画はこちらからご覧になれます。

「WELCOME TO NAGASAKI~国際観光客誘致プロジェクト~」(2016年11月24日放送)

主な内容

長崎市では、外国人観光客に選ばれるために、
1.観光資源の磨き上げ 2.ストレス・フリーの環境整備 3.海外への情報発信などの取り組みを進めています。
観光立国ショーケースの選定都市として、2020年までにさらに外国人観光客に選ばれるように、今後さらに取り組みを強化します。

動画はこちらからご覧になれます。

「~出島へGO!甦る江戸の町並み~」(2016年10月27日放送)

主な内容

出島から生中継でお届けしました!
一般公開がはじまったばかりの出島6棟の建物と展示の見どころを田上市長がわかりやすく紹介しています!
広報ながさき10月号には市民無料入場券もついています。
この機会に、ぜひ出島へGO!してみてはいかがですか?

動画はこちらからご覧になれます。

「~まちぶらプロジェクトを体感しよう!~後編」(2016年10月6日放送)

主な内容

好評をいただいた前編に続き、後編も中島川・寺町エリアをブラタウエ。
田上市長と大倉キャスターの名コンビがまちなかの魅力を楽しくご紹介。
「まちぶらプロジェクト」で、まちがどんな風に変わってきているのか、ぜひ放送をご覧ください!

動画はこちらからご覧になれます。

「~まちぶらプロジェクトを体感しよう!~前編」(2016年9月29日放送)

主な内容

田上市長と大倉キャスターが中島川・寺町エリアをまちぶらしながら、まちなかの魅力を楽しくご紹介。
「市っトクながさき」で初のまちあるきのロケを行いました。
和の風情ある町並みを訪ねて、温かい交流や、おいしい食レポなど、まるでブラタウエ!?のようなワクワクする番組となっています。
「まちぶらプロジェクト」で、まちがどんな風に変わってきているのか、ぜひご覧ください。

動画はこちらからご覧になれます。

「生まれ変わる長崎駅」(2016年8月25日放送)

主な内容

長崎駅やその周辺は、新幹線の開業や在来線の高架化にあわせて新たに生まれ変わります。
1.長崎駅は西側(浦上川側)に約150m移動します
2.移動して空いた土地を活用し、市民や観光客が憩う広場などを作ります
3.在来線の高架化で市内の4つの踏切がなくなり、交通混雑や事故が減ります
4.駅舎のデザインは稲佐山などの景観を意識したつくりになります
どんな風に長崎駅が変わるのか、模型やパースを使って、市長がわかりやすく紹介しています
ぜひ、ご覧ください。

動画はこちらからご覧になれます。

「被爆71年 新たな歩み」(2016年7月28日放送)

主な内容

被爆71年を迎えて、核兵器廃絶に向けた新たな取り組みを行っています。
今回は、原爆資料館のリニューアルや長崎原爆遺跡の国指定史跡に向けた動き、オバマ大統領の広島訪問などについてお伝えします。
ぜひ、ご覧ください。

動画はこちらからご覧になれます。

「新しい市役所とまちづくり」(2016年6月30日放送)

主な内容

防災や将来のまちづくりを見据えて、市役所の建替えを進めています。
今回は、これまでの経緯やこれからの動きを分かりやすく紹介しています。
ぜひ、ご覧ください。

動画はこちらからご覧になれます。

ココが変わった!長崎市~私たちのまちの5年間の進化~(2016年5月26日放送)

主な内容

平成23年度からはじまった総合計画も折り返しを迎え、平成28年度から後期基本計画に入ります。
今回は、前期基本計画の成果を振り返り、これまでの5年間でまちがどのように変わったのかをわかりやすくご紹介します。
例えば、平和都市としての核兵器廃絶に向けた­貢献や、世界遺産登録や世界新三大夜景認定などの成果、それに伴う観光客や大型クルーズ船の入港数の増加などです。
また、長崎ならではの取り組みである「車みち」や「市民防災リーダー」のなど暮らしやすさのために行なってきたことも紹介します。
それらの取り組みを田上市長がご紹介します。

動画はこちらからご覧になれます。

「世界都市」「人間都市」新年度予算と取り組み(2016年4月28日放送)

主な内容

平成28年度は長崎市の設計図である第四次総合計画の後半5年間のスタートの大事な年­です。
今年度予算は夜景などの資源磨きや市民が暮らしやすいまちを作っていくための取­り組みを行っていきます。
それらの取り組みを田上市長がご紹介します。

動画はこちらからご覧になれます。

過去の放送

動画はこちらからご覧になれます(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ