ここから本文です。

卒業

更新日:2017年3月1日 ページID:029440

ホッとトーク

 卒業…と聞いて思い出すものの一つは映画です。
 ダスティン・ホフマン主演の名作「卒業」を観たのは高校一年生の時でした。リバイバル上映でしたが、映画館は満員で、サイモン&ガーファンクルの曲と衝撃的なラストシーンに引きつけられたのを覚えています。
 「卒業」という言葉には、誰しもを引きつける特別な力があるのでしょう。だからこそ映画のタイトルになったのだと思います。
    *  *  *
 3月は卒業の季節。人生の節目であり、友や恩師との別れの時期でもあります。
 私は毎年、小学校、中学校、そして唯一の市立高校である長崎商業高校の卒業式に出席します。卒業式はどの学校でも毎年あるのですが、毎回が特別で、新しくて、一度きりで、かけがえのない場所にいるのを感じます。
 最近は卒業式で歌う歌が以前とは変わってきているようですが、長崎商業高校では今も毎年、「仰げば尊し」を歌います。ふだんは使わない古くて美しい言葉で綴られた歌詞は、だからこそ一生かかって心に沁みていく力を持っているような気がします。

  仰げば尊し わが師の恩
  教えの庭にも はや幾とせ
  思えばいと疾し この年月
  今こそ別れめ いざさらば

 卒業生たちの歌声を聞きながら、少し甘酸っぱい気持ちになるのは、この歌の歌詞と卒業生たちの思いが重なっているのを感じるからだと思います。 学校で出会った仲間たちや先生方との別れ、そこでできたたくさんの思い出……さまざまな思いを胸いっぱいに抱えて、終わりと始まりの時を経験している若者たちを応援したい気持ちでいっぱいになります。
    *  *  *
 3月は退職の時期ですが、退職も「卒業」と表現することがあります。
 とはいっても、最近の60歳はとても若く、「あとは余生」という感じではもちろんありません。
 65歳からを高齢者と呼ぶのは1956(昭和31)年に国連が報告書を出してからだそうです。その頃の日本人の平均寿命は女性が68歳、男性が64歳ですから、「65歳が高齢者」という定義は納得がいきます。
 でも今は、女性の平均寿命が86歳、男性が80歳。65歳はまだまだ若く、現代の社会では社会を支えている世代です。 退職によって今の職場や立場を“卒業”するとしても、ぜひ新たな場所や立場で活躍していただきたいと思います。
 若い世代の卒業も、退職という名の卒業も、人生の大きな区切りです。卒業されるみなさんのこれからの活躍を期待しています。

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く