ここから本文です。

マイス

更新日:2014年6月30日 ページID:025712

 ホッとトーク

 あまり聞いたことのない専門的な用語を聞くと、「何だか難しそうだな」とちょっと関心がなくなったり、「自分にはあまり関係のない話だな」と思ったりします。ましてや日本語でないとなればなおさらです。マイス(MICE)もそんな言葉の一つだと思います。
 5月号の「広報ながさき」でもお伝えしましたが、マイスはいろいろな団体の全国大会、九州大会や学会、商品展示会やイベントなど、何かの目的のために多くの人が集まる機会の総称です。以前なら「コンベンション」と呼んでいました。
 聞き慣れないので、新しいものかというと、実はそうではありません。マイスは今でも長崎市で数多く開かれています。今年8月にはPTAの全国大会も長崎で開かれます。
 でも、これまで長崎には3千人、5千人と入るマイス施設がありませんでした。そのためにいろいろな大会を誘致できずにいました。私は今、マイスをもっと長崎で開催しやすくするために、専用の施設を長崎駅の隣接地に整備したいと考えています。
           *  *  *マイスの事例1:日本外科学会
 マイスにはさまざまなプラス効果があります。
 たとえば今、PTAの全国大会を開くために県内のPTAの皆さんは準備に大忙しです。その中で、PTAは新しい活動にチャレンジし、連携を強め、確実に力をつけています。これは全国大会を開くことによる大きな効果の一つです。同じように、企業の集まりや学会などが開かれると、その分野が進歩し、長崎の活性化につながるだけでなく、世界に貢献することもできます。
 宿泊したり、飲食したり、お土産を買ったり、交通機関を利用したり…といった経済波及効果も生まれます。使うお金(観光消費額)は、一般観光客の2倍以上といわれています。パンフレットの印刷や看板作製や弁当調達や…と、関連する仕事の活性化にもつながります。
 もちろん、こういった効果は、施設ができさえすれば生まれるというわけではありません。誘致活動から、大会運営、会議終了後の飲食や観光まで、快適で喜ばれるまちになるためのさまざまな努力が必要です。関係する産業の皆さんや施設の運営会社はもとより、行政、経済界、大学、市民も一緒になって“オール長崎”で取り組むことが大切です。
 それは長崎が“交流のまち”として、もっともっとレベルアップしていくきっかけになると思います。
            *  *  *
マイスの事例2:UNI世界大会 長崎市は25年後には、今より10万人も人口が減ると予測されています。日本全体も人口減少の時代に入っています。国内観光客や修学旅行だけでは、パイはだんだん小さくなります。
 幸いなことに、交流で栄えてきたまち長崎には、外国人や関西地方からの観光客やマイス参加者など、まだまだ“お客様”を増やすノビシロがあります。2つの世界遺産候補をはじめ、磨けば光る財産もあります。市の財政も、これまでの努力の結果、一定の投資ができる状況になりました。この機会を生かし、しっかりと次の時代に向けた備えをしたいと思っています。

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く