ここから本文です。

あじさいコール

更新日:2013年9月1日 ページID:024353

ホッとトーク

 「あじさいコール」をご存じでしょうか?
 「転入届けには印鑑が必要?」「来年のランタンフェスティバルの開催日はいつ?」「琴海南部運動公園ってどこにある?」など、生活のいろいろな場面で市役所に尋ねたいことがあるとき、気軽に電話で聞けるのが、長崎市役所のコールセンター「あじさいコール」です。
 市役所の代表電話でもあるので、市役所の特定の課や人にかけたいときにもあじさいコールが受け付けます。
 電話番号は「広報ながさき」の表紙の裏に毎月掲載していますが、095-822-8888。語呂合わせで「ハイ、通じます、8時から8時」と覚えてください。
  *  *  *
 「あじさいコール」ができたのは、ちょうど3年前です。
 日本で最初に自治体コールセンターを設置したのは札幌市ですが、私がまだ職員だった頃、その担当者と親交があり、コールセンターについて教えてもらいました。そして、コールセンターには現代的な必要性があると感じていました。
 一つ目は情報化。インターネットなどで情報があふれ、新しい情報も次々に増える中で、「いま自分に必要な情報」を探すことがかえって難しくなっています。
 二つ目は高齢化と小世帯化。高齢の方々が増えているだけでなく、一人暮らし、高齢夫婦2人だけといった“高齢者だけの世帯”が増えています。そういう世帯の方々の暮らしを支援する必要があります。
 「聞きたいときに、聞きたいことを、すぐ聞ける」コールセンターは、こういう時代の変化に応える方法の一つです。またそのほかにも、コールセンターには多くのメリットや可能性があります。
 あじさいコールは、年中無休で朝8時から夜8時まで営業中(電話番号に8が多いのはそのためです)。土日など市役所が開いていないときでも利用できます。
 英語、中国語、韓国語にも対応できるので、日本人だけでなく外国人観光客の窓口にもなります。最近は、講座やイベントなどの申し込みの受付業務も開始しました。あじさいコールは、3年たってまだまだ成長中といったところです。
  *  *  *
 私のひそかな自慢は、あじさいコールのスタッフの頑張りぶりです。おかげさまで利用者の皆さんの満足度は、もちろん100%ではありませんが、かなり高くなっています。おもてなし
 コールセンターに行くと、壁に『「ありがとう」の花を咲かせよう』と書かれていて、その下にスタッフ一人ひとりの名前と花の絵が張ってあります。市民のかたから感謝の言葉をいただいた時には、その絵に色紙で作った花びらが1枚張られます。いただいた「ありがとう」が多いほど、たくさんの花が咲くことになります。電話の向こうの笑顔が何よりもスタッフの喜びであり、励みなのです。
 あじさいコールは、決して派手な存在ではありませんが、今の時代にとても合うコミュニケーションの方法だと思います。これからもお気軽にご利用ください。

コールセンター1(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く