ここから本文です。

キトラス

更新日:2011年3月1日 ページID:021331

ホッとトーク

 「キトラス」というお店をご存じですか?
 昨年の10月に福岡市にオープンした長崎市・佐世保市・雲仙市の共同運営によるアンテナショップです。
 中に入ると、「物産販売コーナー」には野菜など新鮮な食材をはじめ、農産・水産加工品、お菓子、地酒など、3市自慢の多彩な商品がいっぱい並んでいます。
 「テイクアウト(お持ち帰り)コーナー」もあって、「角煮まんじゅう」や「佐世保バーガー」、「じゃがちゃん」などが、月替わりで交代しながら販売されています。
 おすすめの観光スポットやツアーなどをご紹介する「キトラスツアー」のコーナーもあります。3市への旅行情報を知りたい人は、ここで相談したり、キトラスツアー企画の旅に申し込んだりすることができます。
 奥にあるのは「キトラス雑魚屋(ざこや)」。3市の食材をふんだんに使った料理が味わえます。昼はおいしいランチを、夜は居酒屋としておいしい料理を提供しています。
 時期に合わせて、イベントやお祭りを紹介する飾りつけもしていて、ついこの前まではランタンで飾られていました。
   *  *  *
 開店以来、キトラスには予想以上のお客様がお越しくださっています。リピーターも増えていて、特に福岡にいる長崎県出身の皆さんにはとても喜んでいただいています。
 人気商品ナンバーワンは何だと思いますか? 
 かんぼこです。長崎のかんぼこは全国的にはあまり知られていませんが、品質の良さや味の良さは食べていただければわかります。長崎の自慢の商品を知ってもらうきっかけとして、キトラスが役に立ってくれると思います。
 天神からそう遠くない「博多座」の向かいにあります。福岡に行く機会があったらぜひお立ち寄りください。長崎市民も意外に知らないおいしいものが並んでいますよ。
   *   *  *
 キトラスは、売るだけのお店ではありません。ここを拠点に長崎の商品の販路を拡大することが大きな目的です。さっそく福岡で商談会を開催したり、新しい販売ルートの交渉が進んでいます。
 福岡は大消費地であるだけでなく、九州経済の中心地として大きな企業や販路拡大の交渉相手がいる街でもあります。地方産品に詳しいコーディネーターを中心に販路拡大の活動も始まっています。
   *  *  *
 先月号のこの欄で、「逆・長崎游学」をテーマに取り上げました。もっと外に目を向けましょうという提案でした。
 長崎は交流のまちです。人、物、情報の行き来が長崎を元気にします。もっともっと交流のルートを太くする努力が必要です。
 キトラスはその小さな一歩であり、チャレンジです。観光、留学、航路、輸出、新幹線、コンベンション……交流の拡大は、長崎の強みを生かすとても大事な方向だと思います。

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く