ここから本文です。

「古い服と新しい服」

更新日:2010年3月1日 ページID:021319

田上市長のホッとトーク

 卒業式の季節が来ました。
 3月、4月は、過去と別れ、未来と出会う季節でもあります。
 考えてみると、私たちは毎日、過去と別れ、未来と出会っているのですが、この時期は人と別れたり出会ったり、環境が大きく変化したりするので、いやでもそのことを強く感じます。たくさんの思い出が生まれる季節でもあります。
   *  *  *
 野母崎地区にはこれまで高浜小学校、野母小学校、脇岬小学校、樺島小学校の4つの小学校がありました。
 子どもたちの数が減ってきたため、子どもたちによりよい教育環境をつくろうと、地域の皆さんが時間をかけて検討し、4月からは4校を統合して「野母崎小学校」として新しくスタートすることになりました。
 1月、2月にはそれぞれの学校で閉校記念式典が開かれ、地域の皆さんと子どもたちが学び舎との別れを惜しみました。写真展や伝統行事、餅つきや校舎のライトアップなど、学校と地域が協力して、それぞれに趣向を凝らした閉校式典は、とても思いのこもったものでした。
 子どもたちが、地域のおじちゃんやおばちゃんにお世話になったお礼を述べる様子を見ていると、地域と学校が深い関係にあること、地域が子どもたちを育ててくれていることを改めて感じます。
   *  *  *
 新しくできる野母崎小学校は、野母崎中学校と一緒になった「小中一貫校」を目指しています。小中一貫校というのは、小学校と中学校合わせて9年間で一貫した教育をする学校。4年後に新校舎でスタートする予定ですが、長崎市立小中学校としては初めての小中一貫校です。
 そう考えると、4つの小学校の閉校は寂しいことですが、野母崎小学校のスタートは未来の扉を開くことでもあります。
   *  *  *
 私たちはこうやって、時代の流れの中で、常に過去と別れ、未来に向かって新しい仕組みをつくりながら進んできたのだと思います。特に今は、年金、健康保険、医療…あらゆる分野で新しい仕組みづくりが急がれている時代です。
 服(仕組み)が今の体(社会)に合わなければ、新しい服に替えなければなりません。窮屈なままに放っておくと、やがて服(仕組み)は破れ、体(社会)は健康でなくなってしまいます。
 野母崎地区の皆さんが、古い服と多くの思い出に感謝しながら、勇気をもって新しい服作りに取り組んでいることに心から敬意を表したいと思います。
 新しい小学校も、子どもたちにたくさんのいい思い出をつくってくれる場になるでしょう。私も精いっぱい応援したいと思います。

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く