ここから本文です。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」推薦書提出に関する市長コメント【2017年1月20日】

更新日:2017年1月20日 ページID:029333

 本日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の推薦書(正式版)をユネスコへ提出することについての閣議了解がなされました。
 「潜伏キリシタン関連遺産」は、平成19年1月に「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として世界遺産暫定一覧表に記載されましたが、平成24年と平成25年の推薦見送り、昨年2月の推薦取り下げ、2つの構成資産の除外、名称変更など、幾多の困難を乗り越えて、今回の提出に至りました。この間、国や県、カトリック長崎大司教区はもとより地域の皆さんをはじめとする多くの関係者の方々にご支援を賜り、心から感謝申し上げます。
 また、これまで世界遺産登録を望んでおられた市民の皆さんをお待たせすることになりましたが、今回はイコモスの助言と支援を受けて推薦書を作成しております。
 今後は、平成30年の世界遺産登録に向けて、関係機関と連携しながら国際記念物遺跡会議(イコモス)の現地調査の準備を行うなど最後まで気を緩めずに作業を進めてまいります。
 そして、産業革命遺産とともに「二つの世界遺産があるまち」の実現を目指してまいります。

平成29年1月20日
長崎市長
田上 富久

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ