ここから本文です。

日印原子力協定に関する市長コメント【2016年11月11日】

更新日:2016年11月11日 ページID:029078

 本日、我が国とインドとの間で原子力協定の署名がなされたとの報道に接しました。
 核兵器を保有し、NPT(核不拡散条約)に未加盟のインドと原子力協定を締結することについては、核物質や原子力関連技術・資機材の核兵器開発への転用やNPT体制の空洞化への危惧があることから、被爆地の自治体として日本政府に対し、過去4度に渡り、インドとの原子力協定交渉の中止を要請してきました。
 今回、日本政府がインドとの原子力協定に署名されたことは、被爆地として極めて遺憾です。
 日本政府には、NPT体制を堅持しつつ、諸国と連携して「核兵器のない世界」の実現に向けたリーダーシップを発揮していただくよう求めます。

 

 平成28年11月11日
長崎市長
田上 富久

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ