ここから本文です。

2013/06/21 長崎原爆遺跡の文化財登録に係る市長コメント

更新日:2013年6月21日 ページID:024085

 本日、国の文化審議会から文部科学大臣に答申がなされ、旧城山国民学校校舎、浦上天主堂旧鐘楼、旧長崎医科大学門柱、山王神社二の鳥居の4件が「長崎原爆遺跡」として国の登録記念物に新たに登録されることになりました。
 これまで、長崎原爆の悲惨さを忘れず、後世に語り伝えるため、被爆遺構を保存・継承してきた結果、国が文化財としての価値を認めたものであり、これまでご尽力いただいた所有者をはじめ関係者の皆様方に改めて深く感謝します。
 被爆者の皆様方が少なくなっている中で、被爆の実相を後世に伝える原爆遺跡はこれまで以上に重要になってきていますので、今後は、国とも連携を図りながら保存に努めていきたいと思います。

 平成25年6月21日
長崎市長
田上 富久
 

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ