ここから本文です。

2013/02/12 北朝鮮の核実験実施に対する市長コメント

更新日:2013年2月12日 ページID:023271

 本日、北朝鮮が核実験を実施したとの報道に接しました。
 被爆地からの核実験の中止の要請や国際社会の強い制止があったにもかかわらず、3回目の核実験を強行したことは、「核兵器のない世界」の実現を願う被爆地の心情を踏みにじる暴挙であり、被爆地長崎では激しい憤りが渦巻いています。
 今回の実験は、明らかに国連安保理決議に違反しており、北東アジアの緊張を高め、世界の平和と安全への脅威となるもので、強い懸念を抱いています。
 北朝鮮に対しては、一切の核実験を中止するとともに、核保有を外交手段とすることなく、ただちにすべての核兵器を廃棄し、国際社会における核軍縮・不拡散体制の取組に真摯に従うことを強く要請したいと考えております。
 長崎市として、北朝鮮首脳に対して直ちに厳重な抗議文を送付するとともに、日本政府へ制裁措置をふくめた厳正な対応を求める要請文を送付いたします。
 

平成25年2月12日
長崎市長
田上 富久
 

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ