ここから本文です。

2009/05/25 北朝鮮の地下核実験実施に対する市長コメント

更新日:2009年5月25日 ページID:021242

 本日、北朝鮮が、地下核実験を実施したとの報道に接しました。この報道が事実とすれば、被爆地の市長として、到底、許しがたく、激しい憤りを覚えます。
 北朝鮮は、2006年にも、国際社会の制止を無視して、核実験を強行し、国際社会において、孤立化を深めてきました。今回の核実験は、オバマ米国大統領の登場により広がってきた「核のない世界」を求める動きを阻む、国際社会に対する悪意にもとづく脅迫であり、被爆者をはじめとして、被爆地では激しく深い怒りが渦巻いています。
 私は、北朝鮮首脳に対して直ちに厳重な抗議文を送付して、核兵器の開発の即時中止を求めるとともに、あわせて、日本政府へは、今後も毅然とした対応をお願いする要請文を送付いたします。


 

平成21年5月25日
長崎市長 田上 富久

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ