ここから本文です。

2008/11/05 アメリカ大統領選出に関する市長コメント

更新日:2008年11月5日 ページID:021230

 本日、アメリカ合衆国大統領選挙において、民主党のバラク・オバマ上院議員が当選を確実にしたとの報道に接しました。
 私は、本年の平和宣言において、「アメリカがロシアとともに、核兵器廃絶の努力を率先して始めなければならない」として、核兵器の大幅な削減を強く求めました。
 オバマ氏は、民主党政策綱領において「我々は、世界中から核兵器を廃絶するという目標を、米国の核政策の中心に据える」としており、被爆地長崎としては、核兵器の削減が新大統領のもとで確実に進むことを期待しております。
 また、核不拡散条約(NPT)の遵守や、包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准など、核兵器のない世界の実現に向けての、国際社会におけるリーダーシップの発揮を願っております。


 平成20年11月5日
長崎市長 田上 富久

お問い合わせ先

広報広聴課 

電話番号:095-829-1114

ファックス番号:095-829-1115

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ