ここから本文です。

岩原川プロジェクト

更新日:2014年3月11日 ページID:024368

バナー

岩原川の概要

解体前後

岩原川は長崎市立山町付近から長崎港まで流れる延長1,629mの都市下水路です。平成24年度に老朽化に伴い河川上の旧恵美須・大黒市場および床版を解体し、約半世紀ぶりに水面が現れました。

岩原川プロジェクトとは?


image

整備イメージ

県庁舎移転や長崎新幹線の開通など今後10年間で大きな変化が予測される「長崎駅周辺地区」と、歴史と文化の中心地である「まちなか地区」を結ぶ重要なエリアとして、岩原川をはじめとする地域資源を最大限活用したまちづくりを市民のみなさんと一緒になって行います。
平成25年度は岩原川エリアのまちづくりの考え方をまとめた基本計画(岩原川エリアみらい計画)を作成し、それをもとにして岩原川と周辺道路整備の詳細設計(岩原川周辺環境整備計画)、および老朽化した五島町2号橋の架け替え工事を行い、平成26年度より岩原川と周辺道路の工事に着手する予定です。

エリア外変化

エリア内変化

(上記の情報は平成25年9月末現在)

岩原川エリアの未来を考えるワークショップ 

第1回ワークショップ風景

岩原川周辺の河川や道路の整備を行うにあたり、市民のみなさんのアイデアを計画に盛り込むために「ワークショップ」を5回程度開催し、市民のみなさんに長く愛される環境づくりを行います。詳しくは岩原川エリアの未来を考えるワークショップのページをご覧ください。

岩原川エリアみらい計画(案)

旧恵美須・大黒市場のあった岩原川の周辺は、今後10年間で大きく変化します。それに伴い、長崎駅や新県庁舎に近い立地条件から、多くの市民・県民、観光者が訪れる機会が増えることが予測されます。この変化をうまく取り込み、エリアの価値を高めることは、地域はもちろん長崎市全体にとっても重要です。この機会を最大限に活かすため、今後10年間の岩原川周辺のまちづくりを地域の方々や市民の皆さんと一緒になって進めるために計画を行うものです。詳しくは岩原川エリアみらい計画のページをご覧ください。

岩原川エリアみらい計画

「ミズベリング岩原川会議」を開催!

概要

mizbering

平成26年10月26日(日曜日)長崎市立図書館多目的ホールにて「ミズベリング岩原川会議」を開催しました。ミズベリング(MIZBERING)とは、国土交通省が推進する「水辺+リング(輪)」の造語であると同時に常に現在進行形”ING”の気持ちでみんなの意見を持ち寄って、水辺とまちが一体になった美しい未来の景観を創造するプロジェクトのこと。「ミズベリングニコタマ会議(東京)」や「ミズベリング大阪会議」など、いま全国的に活動が広がっています。

talk

岩原川会議では、日本の水辺をリードする4名のゲストをお招きして事例紹介や意見交換を行いました。当日のレポートがミズベリングの公式ウェブサイト(新しいウィンドウで開きます)にアップされているので、ぜひチェックしてみてください!

ゲスト

  • 岩本 唯史氏(RaasDesign 建築家、BOAT PEOPLE Association 理事)
  • 真田 武幸氏(ミズベリング・プロジェクト事務局 チーフディレクター)
  • 田中 里佳氏(国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 課長補佐)
  • 渡邉 竜一氏(株式会社ネイ&パートナーズジャパン)

※五十音順

岩原川プロジェクトニュース

プロジェクトの進捗状況についてお知らせするために新聞を作成して、ワークショップで配布したり、町内で回覧したりしています。

岩原川プロジェクトニュース01(PDF形式:1,360KB)
岩原川プロジェクトニュース02(PDF形式:558KB)
岩原川プロジェクトニュース03(PDF形式:529KB)
岩原川プロジェクトニュース04(PDF形式:581KB)
岩原川プロジェクトニュース05(PDF形式:723KB)

地図大きなサイズの地図をGoogle Mapsサイトで閲覧する(新しいウインドウが開きます)

お問い合わせ先

中央総合事務所 地域整備2課 

電話番号:829-1184

ファックス番号:829-1165

住所:長崎市桜町2-22(本館5階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く