ここから本文です。

九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)

更新日:2018年1月22日 ページID:001766

九州新幹線西九州ルートとは

九州新幹線西九州ルートは、全国新幹線鉄道整備法に基づく整備計画路線として位置づけられています。
九州新幹線西九州ルートは全国とを結ぶ高速交通ネットワークの一端を担い、本土の西端に至る国土軸の骨格をなし、国土の均衡ある発展と九州地区の一体的浮揚のため、必要不可欠な高速交通手段です。

事業概要

建設主体

独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構

区間

長崎市~福岡市 総延長約143キロメートル

認可区間(武雄温泉~長崎間)

  • 延長 約66キロメートル(工事延長 約67キロメートル) 
  • 事業費 約5,009億円
  • 駅の位置 武雄温泉駅(併設)、嬉野温泉(仮称)駅(新設)、新大村(仮称)駅(新設)、諫早駅(併設)、長崎駅(併設)
  • 路線規格 標準軌
  • 認可日 平成24年6月29日(工事実施計画〔その1〕)                                                                                                                                   平成29年5月19日(工事実施計画〔その2〕)
  • 認可内容 工事実施計画〔その1〕:用地、土木構造物関係                                                                                                                 工事実施計画〔その2〕:軌道、電気、信号、通信、車両検修などの開業設備
  • 完成予定時期 武雄温泉・長崎間を一体として、諫早・長崎間の着工から概ね10年程度

九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)のあゆみ

3-1

3-23-33-4

九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)概要図

九州新幹線西九州ルートについては、昭和48年の整備計画決定以来、これまで多くの関係者の積極的な取組みが続けられた結果、平成24年6月に、現在、順調に工事が進められている武雄温泉~諫早間と新たな区間である諫早~長崎間を一体的な事業として標準軌により整備する内容の認可がなされました。
今後は、新幹線の効果が最大限発揮されるよう、地域の魅力や個性を活かしたまちづくりに取り組む必要があることから、長崎駅周辺で実施されている連続立体交差事業や土地区画整理事業との連携を図りながら、東アジアの陸の玄関口にふさわしい長崎駅周辺のまちづくりに取り組んでいきます。

九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)に関する詳しい情報は、長崎県企画振興部 新幹線・総合交通対策課のホームページ(新しいウィンドウで開きます)に掲載されています。

お問い合わせ先

まちづくり部 長崎駅周辺整備室 

電話番号:095-829-1173

ファックス番号:095-829-1168

住所:長崎市桜町4-1(長崎商工会館5階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ