ここから本文です。

景観重要建造物

更新日:2017年6月29日 ページID:004211

景観重要建造物

概要

詳しくはコチラをご覧ください。景観重要建造物について(概要)(PDF形式:464KB)

景観重要構造物とは、景観区域内の良好な景観の形成に重要な建造物で、所有者等の意見を聞き、長崎市景観審議会の答申を得た上で指定するものです。また、所有者等の適正な管理義務の他、増築や改築、外観の変更には市長の許可が必要になります。

景観重要建造物の指定の方針

一般市民の目に日常的に触れているもので、下記の1~5のいずれかの条件に合致するもの。

  1. ランドマークとなっているもの。
  2. 連続して存在し、まちなみを形成しているもの。
  3. 交差点等にあって、まちなみの特徴を表しているもの。
  4. 歴史的な建造物等で、その地域の歴史を表しているもの。
  5. 建造物等で、優れたデザイン或いは貴重な様式のもの。

景観重要建造物の支援(メリット)

  1. 景観重要建造物の修理・修景に係る補助支援
    大規模な修繕等にかかる費用の一部について助成を受けることができます。
  2. 税制面による支援
    相続税の評価において、その利用上の制限の程度に応じた適正な評価を受けることができます。

景観重要建造物の指定状況

1. 池上正則氏住宅 (平成23年4月1日指定)(PDF形式:135KB)
池上正則氏住宅

  • 所在地
    • 長崎市大浦町23-10
  • 概要
    • 主屋(木造2階建、寄棟造、桟瓦葺)、明治中期頃建造
  • 外観の特徴
    • 明治中期に建設された洋風住宅の外観を残した優れたデザインの歴史的建造物
  • その他(受賞歴等)
    • 登録有形文化財(平成10年12月11日登録)

2. 江崎べっ甲店 (平成23年4月1日指定)(PDF形式:153KB)
江崎べっ甲店

  • 所在地
    • 長崎市魚の町7-13
  • 概要
    • 木造2階建、寄棟造、桟瓦葺、明治31年建造
  • 外観の特徴
    • 和風と洋風の折衷的造形が特徴的な明治後期の歴史的な建造物
  • その他(受賞歴等)
    • 国登録有形文化財(平成10年10月9日登録)

3. 小野原本店 (平成23年4月1日指定)(PDF形式:202KB)
小野原本店

  • 所在地
    • 長崎市築町3-23
  • 概要
    • 主屋(木造2階建、地下1階、寄棟造、桟瓦葺)大正15年建築
    • 附属屋(煉瓦造2階建)
  • 外観の特徴
    • 黒漆喰の壁やレンガ壁、鉄扉など建設当時の姿を残し、商家建築の特徴を表している歴史的な建造物
  • その他(受賞歴等)
    • 国登録有形文化財(平成19年12月5日登録)
    • 長崎市都市景観賞受賞 第12回(2001年)

4. 料亭富貴楼 (平成23年4月1日指定)(PDF形式:228KB)
料亭富貴楼

  • 所在地
    • 長崎市上西山町5-4
  • 概要
    • 主屋(木造3階建、入母屋造、桟瓦葺)明治以前、明治30年又は45年建造
  • 外観の特徴
    • 江戸期から明治期にかけて築かれた木造の料亭建築が随所にみられる歴史的な建造物
  • その他(受賞歴等)
    • 国登録有形文化財(平成19年10月2日登録)

5. 常岡歯科診療所 (平成23年4月1日指定(PDF形式:211KB)
常岡歯科診療所

  • 所在地:長崎市油屋町2-18
  • 概要
    • 木造2階建、切妻造、桟瓦葺、昭和初期建造
  • 外観の特徴
    • 昭和元年頃に建設された商家建築で当時の外観を残す歴史的な建造物
  • その他(受賞歴等)
    • 長崎市都市景観賞受賞 第7回(1995年)

6. 大野氏石塀 (平成24年6月1日指定)石塀(PDF形式:708KB)
大野氏石塀

  • 所在地:長崎市深堀町5丁目204番4
  • 概要
    • 延長 16.3メ-トル 高さ 1.75~1.85メ-トル
  • 外観の特徴
    • 長崎市で唯一の武家屋敷跡の名残を残す歴史的な建造物
  • その他(受賞歴等)
    • 長崎市都市景観賞「歴史のある部門」受賞 第9回(1997年)

7. 植木氏石塀 (平成24年6月1日指定)石塀(PDF形式:708KB)

植木氏石塀

  • 所在地
    • 長崎市深堀町5丁目213番
  • 概要
    • 延長 5.4m 高さ 1.7~1.8m
  • 外観の特徴
    • 長崎市で唯一の武家屋敷跡の名残を残す歴史的な建造物
  • その他(受賞歴等)
    • 長崎市都市景観賞「歴史のある部門」受賞 第9回(1997年)

8. 山崎氏石塀 (平成24年6月1日指定)石塀(PDF形式:708KB)
山崎氏石塀

  • 所在地
    • 長崎市深堀町5丁目211番14
  • 概要
    • 延長 22.9メ-トル 高さ 1.8メ-トル~1.9メ-トル
  • 外観の特徴
    • 長崎市で唯一の武家屋敷跡の名残を残す歴史的な建造物
  • その他(受賞歴等)
    • 長崎市都市景観賞「歴史のある部門」受賞 第9回(1997年)

9. 樋口家表門及び石塀(平成25年6月5日指定)(PDF形式:601KB)

 樋口家表門・石塀

  • 所在地:長崎市深堀町5丁目191番、192番、193番
  • 概要
    • (表門)平家建て、切妻造、瓦葺
    • (石塀)延長 92.4メ-トル 高さ 1.7メ-トル~1.8メ-トル
  • 外観の特徴
    • 長崎市で唯一の武家屋敷跡の名残を残す歴史的な建造物
  • その他(受賞歴等)
    • 長崎市都市景観賞「歴史のある部門」受賞 第9回(1997年)

10. 小菅修船場跡周辺遺構(平成26年4月1日指定)(PDF形式:168KB)

 小菅修船場跡周辺遺構

  • 所在地:長崎市小菅町1-1ほか2筆
  • 概要
    • 史跡 小菅修船場跡に隣接する明治操業当時の石階段や水路の石積みなどの遺構。 1869 年(明治元年) 建造。
    • 主要構成要素は、石階段(東側、西側)と石積(水路内側、水路沿い、水路吐口部)と地形(左岸、右岸)である。
  • 外観の特徴
    • 明治初期に建造された洋式近代的ドックである。
    • 既存の谷地形を巧みに利用した貴重な建造様式であり、建造当時の石階段や水路の石積みが現存している。

11. 三菱造船所 第三船渠(平成26年4月1日指定)(PDF形式:196KB)

三菱造船所 第三船渠

(写真提供:三菱重工業 株式会社 長崎造船所)

  • 所在地:長崎市岩瀬道町159-98 ほか6筆
  • 概要
    • 造船業形成期である三菱合資会社時代に建造された大型船舶修理用船渠。1905 年(明治38 年) 建造。
    • 岩盤面に石を張る石造構造。
    • 建造当時に設置した英国製の排水ポンプ4台のうち3台が現在も稼働中。
  • 外観の特徴
    • 明治38年に建設された、当時東洋最大のドライドック。三菱による造船業発展を物語る設備で、現在も稼働している歴史的な建造物である。
    • 背後の崖を切り崩し、前面の海を埋め立てながら拡張してきた貴重な建造様式である。

12. 三菱造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン(平成26年4月1日指定)(PDF形式:136KB)

三菱造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン

(写真提供:三菱重工業 株式会社 長崎造船所)

  • 所在地:長崎市飽の浦町2
  • 概要
    • 高さ61.7m(機械室上部)、英国製 、電動駆動式、定格荷重 150t 。1909 年(明治42 年) 建造。
    • 造船業形成期である三菱合資会社時代に建造された同型としては日本初の電動起重機。
    • 機械工場で製造した蒸気タービンや大型舶用プロペラの船積み用に使用。
  • 外観の特徴
    • 明治42年に日本で初めて設置された、当時最新式の電動クレーンであり、設置から100年経った現在も現役で稼働している。
    • 現在世界に残っている同型のクレーン10基のうちの1基で、当時の姿をそのまま残しており、世界的に希少価値が高く、日本で最古のものである。
  • その他(受賞歴等)
    • 登録有形文化財(2003 年登録)

13. 三菱造船所 旧木型場(史料館)(平成26年4月1日指定)(PDF形式:168KB)

三菱造船所 旧木型場(史料館)

(写真提供:三菱重工業 株式会社 長崎造船所)

  • 所在地:長崎市飽の浦町9ほか2筆
  • 概要
    • 木骨煉瓦造2階建(イギリス積み)、切妻造、桟瓦葺。1898 年(明治31 年) 建築。 
    • 鋳型製造のための木型場として建築された長崎造船所に現存する最古の工場建築物。
  • 外観の特徴
    • 明治31年に建設された長崎造船所内で最も古い建築物であり、現在は三菱の歴史を物語る史料館として活用されている。
    • 屋根を支える小屋組みのトラスが特徴的な二階建て煉瓦造りの建築物である。
  • その他(受賞歴等)
    • 長崎市都市景観賞「歴史のある部門」受賞 第17 回 (平成23年)

14. 三菱造船所 占勝閣 (平成26年4月1日指定)(PDF形式:157KB)

三菱造船所 占勝閣

(写真提供:三菱重工業 株式会社 長崎造船所)

  • 所在地
    • 長崎市岩瀬道町139
  • 概要
    • 洋風木造2階建、和瓦、1904 年(明治37 年)建築。
    • 長崎造船所2代目所長の荘田平五郎の邸宅として建築された木造2階建洋館及び庭園。
    • 迎賓館として、進水式・引渡式の祝賀会、貴賓の接待等に使用。
  • 外観の特徴
    • 2代目長崎造船所所長の邸宅として明治37年に竣工。翌年、東伏見宮依仁親王が宿泊された際に「風光景勝を占める」という意味で占勝閣と命名されたという歴史を持つ。
    • ベランダや尖塔などが特徴的な地上二階建ての洋風木造建築物である。
    • 周囲の庭園や樹木は、創建当時の状態が保たれており、現在に至るまで迎賓館として活用されている。
  • その他(受賞歴等)
    • 長崎市都市景観賞「歴史のある部門」受賞 第18回 (平成25年)

15.料亭 春海(平成27年9月1日指定)(PDF形式:288KB)

料亭 春海

  • 所在地
    • 長崎市鍛冶屋町278番地
  • 概要
    • 木造2階建て、桟瓦葺き、入母屋造り、明治40年(1907年)建造
  • 外観の特徴
    • 明治後期から昭和初期にかけて書院造りを基調とした邸宅に数寄屋風の部屋を増築し、料亭らしい品格を現在に伝える歴史的な建造物
  • その他(受賞歴等)
    • 国登録有形文化財(平成27年3月26日登録)

16. 吉田家住宅主屋及び長屋門(平成27年9月1日指定)(PDF形式:497KB)

  吉田家住宅

  • 所在地
    • 長崎市宿町665番地3
  • 概要
    • 主屋(木造2階建て、桟瓦葺き、入母屋造り、明治28年建造)
    • 長屋門(木造2階建て、桟瓦葺き、切妻造り、明治24年建造)
    • 門、塀
  • 外観の特徴
    • 米殻商(精米業)によって長崎の近代化の下支えを担った様を現在に伝える明治期の歴史的建造物
  • その他(受賞歴等)
    • 国登録有形文化財(平成27年3月26日登録)

17.日本基督教団 長崎教会(平成27年9月1日指定)(PDF形式:223KB)

日本基督教団 長崎教会 

  • 所在地
    • 長崎市大浦町31番23
  • 概要
    • 主屋(木造2階建て、瓦葺き、切妻造り、大正14年(1925年)建造 )
    • 塀、門柱
  • 外観の特徴
    • 改革派(プロテスタント)教会の特徴である装飾を抑えた簡素でモダンなデザインで、大正14年の建設当初の姿を残す歴史的な建造物

   18.深堀陣屋跡石積及び門柱(平成29年2月15日指定)(PDF形式:269KB)

深堀陣屋跡石積及び門柱

  • 所在地
    • 長崎市深堀町5丁目272番
  • 概要
    • 石積、門柱 
    • 幕末~明治期ごろ建造
  • 外観の特徴
    • 絵図「彼杵郡深堀郷図 深堀本村・竿浦村」文久元(1861)年に描かれている深堀陣屋跡の一角をなす石積及び門柱である。

 

お問い合わせ先

まちづくり部 まちづくり推進室 

電話番号:095-829-1271

ファックス番号:095-829-1175

住所:長崎市桜町4-1(長崎商工会館5階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く